BlogBlog

パーティーレポート<Yujiさん・Amiさん>

 

初めてお会いした時から笑顔が素敵で息のぴったり合った楽しいお二人でした。

 

具体的なドレスに対するイメージは全くないとおっしゃっていましたが、カウンセリングでお話を伺ううちに

よりボディラインがスッキリ見えるドレスがいいとの事でドレス探しがスタートしました。

 

お二人の挙式のスタイルのご希望はチャペルでのキリスト式でした。

image_0200_r

キリスト教式ですとお式の形式上、ゲストの皆様にはバックスタイルを見て頂くお時間も長くなってくるので

バックスタイルにもこだわってお選びいただくことをご提案させていただきました。

数点ご試着いただいた中でも、特に気に入って頂いてお選びいただいたドレスは、

前から見たお姿では洗練された上品な印象となりますがバックスタイルはトレーンに幾重にも重なったフリルが華やかでかわいらしいAラインのドレスでした。

イタリアのFIOというアトリエで1点1点心を込めて仕立てられたオールシルクのオートクチュールドレスです。

ビスチェは胸元がダブルフリルになっていますのでお胸全体を覆い隠してくれ、露出が苦手な方にもおすすめです。

image_0366_r

さらにこのフリルが多くの花嫁様が気にされるお胸の上の脇肉と呼ばれる部分もしっかりとカバーしてくれます。

ビスチェのデザインはレースの上に刺繍を施して作られるコードレースを使用しています。

立体感のあるレースが近くでご覧頂いても少し離れたところからご覧頂いても際立つので、見ている方を魅了します。

このコードレースはバックフリルの先にもあしらわれており、全体の統一感と華やかさをプラスします。

シルクオーガンジーを使用した軽やかなドレスで着ているご新婦様もとっても動きやすく、ゲストの皆様との距離も自然と縮まります。

image_0400_r

Yujiさんにはアイボリーと黒のバイカラーのタキシードをお選びいただき、コーディネートに反対色をいれることでお二人のシルエットにぐっとメリハリがでます。

さらにこちらのドレスは少し珍しいですがビスチェとスカートが分かれている「セパレート」タイプのドレスです。

ビスチェとスカートを分けて着る事ができるのでそれぞれのおサイズを緻密に調整することが可能で、よりきれいにシルエットをだすことができます。

image_0361_r

セパレートのドレスは他にも、ビスチェとスカートを分けて着る事でドレスを留められる箇所が二箇所になりますので腰痛がひどいかたや腰が弱いというかたにも安心です。

他にもご妊娠中の新婦様にはお腹への重量を軽減することができ、大きくなったお腹よりも上の位置でスカートを留めれば締め付けも回避できるので

お体への負担が少なくなるのでおすすめさせていただいております。

ご身長が低いかたやご妊娠中でヒールを履きたくないかたにもスカートの調整が可能なためご安心いただいているドレスです。

 

AmiさんはこちらのドレスにYujiさんのお母様からお渡しされたティアラを合わせてコーディネートされました。

image_0045_r

いつも笑顔いっぱいのお二人らしい色鮮やかなブーケは、会場内のコーディネートとリンクしていてとてもかわいらしいです。

 

Amiさんも披露宴入場の際にはヘアチェンジと共にヘッドアクセサリーもティアラからお花へとチェンジされました。

コーディネートを変えられることで同じドレスでも挙式の際とは全く違った雰囲気になります。

image_0333_r

お色直し後のお衣裳はもともとのお二人のご希望でもある和装をお選びいただきました。

image_0498_r

Amiさんは赤をイメージされていたとの事で他のお色も試していただきましたが

かねてからのご希望の赤いお打掛にご決定されました。

色打掛一面に広がるぼたんと鶴の繰り返しのお柄はどの角度からご覧頂いても均等な華やかさです。

Yujiさんも紋付へとお着替えされました。

image_0513_r

和装もとってもお似合いです。

こちらもヘアスタイルはガラッと変えられて和装によく合うまとめスタイルです。

image_0724_r

それぞれのお衣裳に合ったヘアスタイルやコーディネートで色んな雰囲気のお姿を見られて

ゲストのかたにもお楽しみいただけたと思います。

 

ブランドゥスティルアンではお衣裳選びからコーディネートまで幅広くご提案させて頂いております。

あなたも運命の一着を身に纏いお二人らしいコーディネートで特別な一日を過ごしませんか?

 

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ブランドゥスティルアンでは、今年の冬も当店のスタイリスト達が買い付けた選りすぐりの新作ドレスが続々入荷して参りました。

本日は新しく仲間に加わりました新作ドレス達の中から、可愛らしいデザインがお好きな花嫁様にお勧めのこちらの一着をご紹介させて頂きます。

《アダ・ADA》  デザイナー:MODERN TROUSSEAU (モダントゥルーソー)

ada_r

ロマンティックで可愛らしい総レースのドレス

純白に限りなく近い透明感のある白は、ピュアで明るい少女のような可憐さを思わせます。

ada-up_r

ハートカットと胸元のギャザリングが胸元のラインを立体的に美しく見せてくれます。

ada-%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9_r

裾には流れるような繊細なデザインのリバーレースが贅沢に使用されています。

実はこちらのドレス、全体に使用されている生地は総レースのドレスによく用いられるチュールレースではなく、

チュール生地にレースのお柄が描かれているんです。

レースをプリントにすることで生地をふんだんに使用することが可能になり、とても軽い生地なので新婦様が動くたび軽やかに揺れ、

ふんわりとしたロマンティックなシルエットが叶います。

ada-%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5_r

ウェストのサッシュベルトには可愛らしいお花のレースがあしらわれています。

細やかにカッティングされたレースのお花のモチーフの上に更にレースやチュールを重ね、立体感を出しています。

その上からビジューのビーディングが施され、自然光を受けてキラキラと透明感のある輝きを放ちます。

良質なレースやデリケートなビーズワークを愛すMODERN TROUSSEAU(モダントゥルーソー)のデザイナー、キャリーらしい繊細なデザインワークですね。

ada-back_r

キュッと結ばれたサッシュベルトのサテンリボンでバックスタイルもロマンティックに。

床にまあるく広がる裾にあしらわれたレースの透け感が美しく、後ろ姿も見る人を惹きつけます。

是非ブランドゥスティルアンにて、この可愛らしさをご体感下さい。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

本日は1月に届いたばかりの新作ドレスのご紹介致します。

Dress Name:ドミティッラ 【ブランドFIO】

%e6%9f%b3%e6%9c%ac%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91

FIOの作るドレスらしく

ふんわりと幸せなオーラが溢れる花嫁を表すような

優しい色合いのカラードレスです。

 

幾つものチュールの生地が重ねられ作られるそのお色目は

お花嫁さんの動きにあわせていくつもの表情を魅せるでしょう。

%e6%9f%b3%e6%9c%ac%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92

自然光の優しいひかりとの相性がよく、

開放的なガーデンや緑の映える芝生のある会場などでお召し頂くのは特におすすめです。

 

元々、オートクチュールドレスとして仕立てられている為、

メンテナンスのしやすさや、何十回もお貸出しができる様耐久性に耐えられるつくりではありません。

着て頂いた時の見た目の美しさはもちろんのこと、

花嫁様への着心地にもこだわったシルクドレスとなっております。

 

お近くで見られた時にも、可愛らしい胸元の大ぶりなお花のレースが

とってもチャーミングな姿へと輝かせます。

 

大変柔らかな色合いですので

ブーケなどもナチュラルな印象のものとも相性の良い1点です。

%e6%9f%b3%e6%9c%ac%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%93

ブランドゥスティルアンでは、

2017年春にお式をされる方や、早い方では2018年の春のお式をされる方まで

たくさんの花嫁様にご来店を頂いております。

ブランドゥスティルアンのスタイリストがご提案する、トータルコーディネートで

運命の1着を見つけてみませんか?

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

皆様こんにちは。

10月にお式をされましたお客様のご紹介をさせて頂きます。

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97_r

TAKAFUMI & YUKI

YUKIさんには運命の1着に出会うまで、何度も何度もブランドゥスティルアンに足を運んで頂きました。

YUKIさんがドレスを決めるにあたってのこだわりポイントは大きく2つ。

“人とかぶらないこと”

“身体のラインが綺麗に出ること”

お二人は今まで結婚式へのご列席の経験も多く、ご結婚されているゲストの方も多数いらっしゃった為、

皆を驚かすようなドレスやコーディネートをしていくことを強く希望されていらっしゃいました。

人と被らないような、マーメイドラインのドレスやロングスリーブのクラシカルなドレスもご検討いただきました。

ウェディングドレスがほぼ決まりかけていたころ、運命の新作ドレスが届きました。

YUKIさんの運命のドレスは当店を代表するブランドFIOの「コレッテ」

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%86_r

FIOの中でもひときわ目を引く、プリンセスラインの1着です。

透明感のあるチュールにきらきらと煌くグリッターをふんだんにあしらった「コレッテ」

「今までこんなウェディングドレス見たことない!」

そう言いながら、目を輝かせていたYUKIさんの顔は今でもはっきりと覚えています。

また当日までTAKAFUMIさんにはドレスを内緒にされておりました。

ファーストミートの瞬間!!!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%88_r

満面の笑みのYUKIさんに対し、少し恥ずかしそうなTAKAFUMIさん。

あまりの美しさに息をのんでしまったのでしょうか。

緊張の瞬間も一瞬。

お二人はやっぱり笑顔がお似合いです☆

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%862_r

TAKAFUMIさんにドレスを内緒にしていた分、いつもドレス選びはいつもご家族といらっしゃって頂いておりました。

当日はお母様のベールダウンンによって、花嫁支度が完成となりました。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3_r

お母様の表情からもお嫁に出す寂しさと同時に、たっぷりの愛情が伝わってきますね。

Party roomはハロウィンをイメージし、オレンジを基調としたカラフルなコーディネートで彩りました。

%e4%bc%9a%e5%a0%b41_r

%e4%bc%9a%e5%a0%b42_r

%e5%b8%ad%e6%9c%ad_r

松ぼっくりの席札はYUKIさんの手作りとお伺いしました。

秋らしくってとってもかわいいですね。

カラードレスはHARDY AMIS(ハーディエイミス)の「オルガ」

%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%82%ac_r

テーマでもあるハロウィンを意識して、オレンジをチョイスされました。

柄物の中でもはっきりとしたビビットカラーをあしらったオルガ。

ウェストラインのくびれが強調されるAラインによって、身体のラインもより美しく見えますね。

花嫁様というものは注目の的です。

どこから見てもドレス姿が美しくなるように、お直しもミリ単位で行っております。

その甲斐あってバックショットまで素敵です♡

%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af_r

TAKAFUMIさんも一緒にお色直しし、お二人揃ってガラッとイメージチェンジした姿は、

リゾート感あふれる会場のイメージにもぴったりです。

%e9%9d%92%e7%a9%ba%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_r

TAKAFUMIさん♡YUKIさん

いつも楽しく打合せさせて頂き、ありがとうございました。

YUKIさんはヘアメイクや会場のコーディネートまで相談して下さり、とても嬉しかったです。

お衣裳のみでなくトータルコーディネートでご提案させて頂く事ができ、スタイリストとしてのやりがいを強く感じることが出来ました。

いつまでもお二人らしい笑顔溢れる家庭を築いてください…☆

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

一生に一度の結婚式。

「愛する人のもとに嫁ぐ大切な一日に、新婦様が一番輝いてみえるドレスをお召いただきたい。」

私たちブランドゥスティルアンのスタイリストはこの想いを大切に、ドレス選びのお手伝いをさせていただいております。

私共ブランドゥスティルアンでは1ヶ月に2回、「フィニッシングスクール」を開催しております。

以前のブログでもご紹介いたしました、ご結婚式当日に美しくドレスを着こなしていただくためのレッスンです。

【フィニッシング~基本姿勢~】

ご結婚式を間近に控えた花嫁様にお集まりいただき、基本的な立ち居振る舞いをスタッフがレクチャーしていきます。

御縁があって初めて足を踏み入れるドレスショップ。

「どんなことしてるんだろう?」と気になっていた花嫁様、ぜひ雰囲気を体感していただければ幸いです。

11%e6%9c%88%e2%91%a9

まずは基本姿勢とブーケの持ち方をレクチャーしています。

モデルの立ち姿をイメージし、ご自身の頭を紐で上から吊られているようなイメージで立ちましょう。

スタッフのお手本を見た後は、実際にお客様自身にもブーケを持って体験していただきます。

11%e6%9c%88%e2%91%a0_r

肩甲骨を下に引き寄せるようにして背筋を伸ばし、同時にお尻にも力を入れると良いバランスが保てます。

ドレスを着たときだけではなく、日ごろから良い姿勢を心がける事でご自身のイメージアップにもつながりますね。

次はブーケの持ち方です。

11%e6%9c%88%e2%91%a7_r

ここではステム(持ち手)が付いたブーケの場合をご説明します。

①左手の親指をステムに合わせて握り、その上から右手の親指をクロスさせるように軽く添えます。

②ブーケの位置は「おへその少し下」です。 頭、ひじ、ブーケがひし形になるように持つのがベストです。

この位置で持つことでひじとの間にできる隙間からウェストの一番細い部分が見えるので、

スタイルが良く見えることもメリットです。

11%e6%9c%88%e2%91%a2_r

次にお辞儀の仕方です。

11%e6%9c%88%e2%91%a8_r

新郎新婦様はご結婚式の一日、お辞儀をする機会が何度もあります。

大切なゲストの方々に感謝の気持ちを表す「お辞儀」ですから、美しく優雅にこなしていただきたいものです。

①先程の基本姿勢を保ったまま、20度くらいを目安にお辞儀をします。

頭を下げ始めてから上げるまでを5秒カウントするくらいがちょうど良いでしょう。

くれぐれも、頭だけが下がってしまわないように、頭・背中・腰がまっすぐになるように、腰を折るイメージをもちましょう。

11%e6%9c%88%e2%91%a3_r

もう一つ、「ベールアップ」(フェイスベールの上げ方)をお伝えいたします。

11%e6%9c%88%e2%91%a6_r

「ベールアップ」とは新婦の顔を覆っているベールを新郎が上げる儀式のこと。

ベールアップをすることによって二人を遮る壁が取り払われることから

「お互いになにも隠さず幸せな家庭を築いていく」という決意がこめられていると言われています。

ちなみに、その逆の「ベールダウン」もあります。

こちらは挙式前に花嫁のベールを母親が下ろす儀式で、

「一生幸せな人生を送れるように」という願いを込めて母親が娘に最後の身支度をする意味がこめられています。

11%e6%9c%88%e2%91%a5_r

「ベールアップ」を美しく行うためには新郎様の協力が不可欠です。

この機会にぜひご新郎様にも練習していただきましょう!

<新郎様>

①右足を一歩前に出します。

②新婦様のお顔の幅くらいの位置でベールに両手親指を入れて、手のひらを返しながらベールを持ち上げます。

この瞬間にカメラマンさんが写真を撮ることが多いので、ベールを上げ切ったところで少し止まってシャッターチャンスを差し上げましょう。

③ベールを新婦様の背中の方におろしたら、新婦様のお顔の横のベールを外側によけながら肩に手を添えて、新婦様を立たせてあげます。その後、右足を元に戻しましょう。

④新婦様の方に手を添えたまま、ウェディングキスです。

11%e6%9c%88%e2%91%aa

<新婦様>

①左足を一歩下げ、軽く膝を曲げます。(新郎様がベールを上げやすくするためですので、上げ終わるまでこのまま待ちましょう。)

②ご新郎様が肩に手を添えてくれますので、それと同時に下げた足を戻し、通常の姿勢に戻りましょう。そしてこの後ウェディングキスです。

11%e6%9c%88%e2%91%a4

挙式当日にリハーサルがある式場様もありますが、事前に一通りの流れを練習してみるだけで、当日の緊張感も少し軽減されます。

ここでは伝えきれないことも、フィニッシングスクールの場でお伝えしておりますので、お気軽にご参加くださいませ。

開催日程はイベントページをご確認くださいませ。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

2017年1月7日(土)~1月22日(日)

新作ドレス試着フェア2017を開催致します。

運命の一日を迎えるにふさわしい、品格と輝きを持つ

ブランドゥスティルアンのオートクチュールドレス。

是非この機会にご体感ください。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

PAGE 1 of 1912345...10...最後 »
PAGE 1 of 1912345...10...最後 »

pagetoppagetop