BlogBlog

一生に一度の結婚式。

「愛する人のもとに嫁ぐ大切な一日に、新婦様が一番輝いてみえるドレスをお召いただきたい。」

私たちブランドゥスティルアンのスタイリストはこの想いを大切に、ドレス選びのお手伝いをさせていただいております。

私共ブランドゥスティルアンでは1ヶ月に2回、「フィニッシングスクール」を開催しております。

以前のブログでもご紹介いたしました、ご結婚式当日に美しくドレスを着こなしていただくためのレッスンです。

【フィニッシング~基本姿勢~】

ご結婚式を間近に控えた花嫁様にお集まりいただき、基本的な立ち居振る舞いをスタッフがレクチャーしていきます。

御縁があって初めて足を踏み入れるドレスショップ。

「どんなことしてるんだろう?」と気になっていた花嫁様、ぜひ雰囲気を体感していただければ幸いです。

11%e6%9c%88%e2%91%a9

まずは基本姿勢とブーケの持ち方をレクチャーしています。

モデルの立ち姿をイメージし、ご自身の頭を紐で上から吊られているようなイメージで立ちましょう。

スタッフのお手本を見た後は、実際にお客様自身にもブーケを持って体験していただきます。

11%e6%9c%88%e2%91%a0_r

肩甲骨を下に引き寄せるようにして背筋を伸ばし、同時にお尻にも力を入れると良いバランスが保てます。

ドレスを着たときだけではなく、日ごろから良い姿勢を心がける事でご自身のイメージアップにもつながりますね。

次はブーケの持ち方です。

11%e6%9c%88%e2%91%a7_r

ここではステム(持ち手)が付いたブーケの場合をご説明します。

①左手の親指をステムに合わせて握り、その上から右手の親指をクロスさせるように軽く添えます。

②ブーケの位置は「おへその少し下」です。 頭、ひじ、ブーケがひし形になるように持つのがベストです。

この位置で持つことでひじとの間にできる隙間からウェストの一番細い部分が見えるので、

スタイルが良く見えることもメリットです。

11%e6%9c%88%e2%91%a2_r

次にお辞儀の仕方です。

11%e6%9c%88%e2%91%a8_r

新郎新婦様はご結婚式の一日、お辞儀をする機会が何度もあります。

大切なゲストの方々に感謝の気持ちを表す「お辞儀」ですから、美しく優雅にこなしていただきたいものです。

①先程の基本姿勢を保ったまま、20度くらいを目安にお辞儀をします。

頭を下げ始めてから上げるまでを5秒カウントするくらいがちょうど良いでしょう。

くれぐれも、頭だけが下がってしまわないように、頭・背中・腰がまっすぐになるように、腰を折るイメージをもちましょう。

11%e6%9c%88%e2%91%a3_r

もう一つ、「ベールアップ」(フェイスベールの上げ方)をお伝えいたします。

11%e6%9c%88%e2%91%a6_r

「ベールアップ」とは新婦の顔を覆っているベールを新郎が上げる儀式のこと。

ベールアップをすることによって二人を遮る壁が取り払われることから

「お互いになにも隠さず幸せな家庭を築いていく」という決意がこめられていると言われています。

ちなみに、その逆の「ベールダウン」もあります。

こちらは挙式前に花嫁のベールを母親が下ろす儀式で、

「一生幸せな人生を送れるように」という願いを込めて母親が娘に最後の身支度をする意味がこめられています。

11%e6%9c%88%e2%91%a5_r

「ベールアップ」を美しく行うためには新郎様の協力が不可欠です。

この機会にぜひご新郎様にも練習していただきましょう!

<新郎様>

①右足を一歩前に出します。

②新婦様のお顔の幅くらいの位置でベールに両手親指を入れて、手のひらを返しながらベールを持ち上げます。

この瞬間にカメラマンさんが写真を撮ることが多いので、ベールを上げ切ったところで少し止まってシャッターチャンスを差し上げましょう。

③ベールを新婦様の背中の方におろしたら、新婦様のお顔の横のベールを外側によけながら肩に手を添えて、新婦様を立たせてあげます。その後、右足を元に戻しましょう。

④新婦様の方に手を添えたまま、ウェディングキスです。

11%e6%9c%88%e2%91%aa

<新婦様>

①左足を一歩下げ、軽く膝を曲げます。(新郎様がベールを上げやすくするためですので、上げ終わるまでこのまま待ちましょう。)

②ご新郎様が肩に手を添えてくれますので、それと同時に下げた足を戻し、通常の姿勢に戻りましょう。そしてこの後ウェディングキスです。

11%e6%9c%88%e2%91%a4

挙式当日にリハーサルがある式場様もありますが、事前に一通りの流れを練習してみるだけで、当日の緊張感も少し軽減されます。

ここでは伝えきれないことも、フィニッシングスクールの場でお伝えしておりますので、お気軽にご参加くださいませ。

開催日程はイベントページをご確認くださいませ。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

2017年1月7日(土)~1月22日(日)

新作ドレス試着フェア2017を開催致します。

運命の一日を迎えるにふさわしい、品格と輝きを持つ

ブランドゥスティルアンのオートクチュールドレス。

是非この機会にご体感ください。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

一生に一度、最高に輝く一日に。

結婚式をそのような想いで迎えるのは、新郎新婦のお二人だけではなく親御様も同じではないでしょうか。

大切に、大切に見守り、育ててこられた我が子の晴れの日。

人生の門出を迎える結婚式に、新郎様はタキシード、花嫁様はウエディングドレスを身に纏いますね。ゲストをお招きし、おもてなしするお立場であるのは親御様も同様です。

そこで、これまでお世話になった親御様へ「正礼装」の贈り物はいかがでしょうか。

ブランドゥスティルアンでは、親御様のお衣裳としてお父様にはモーニングコートを、お母様には黒留袖を御用意しております。

結婚式での第一礼装であり、格式高い装いであります。

当店のモーニングコートは、世界を代表する高級服地メーカーであるドーメル社製のもの。背中から腰にかけての自然な丸みが作る、美しいシルエット。

img_2107_r

伝統柄のコールパンツは、足長効果のある特徴的なラインと、やや濃いめのグレーで、引き締しまった印象を演出してくれます。

日本人の体型に合わせた設計で、お父様もスタイリッシュに。

img_2106_r

様々なご体型に応じてサイズも取り揃えております。

また、お母様にはミセスの第一礼装である黒留袖を。

新郎新婦のお母様にははやや落ち着いた柄の、格調の高いものがおすすめです。一般に、裾模様の面積が小さく、模様の位置が低いほどご年配の方向けだと言われています。

また着物にあわせて袋帯も格の高いものを合わせていただきます。

img_2067_r

ブランドゥスティルアンには、染めや刺繍の留袖以外にも“縫い取り”という技法を用いた留袖もございます。

出来上がった生地に糸を刺していく刺繍に対し、生地を織り上げる段階で柄を織り出していくものが縫い取りです。

立体感のある刺繍とは異なる上品なイメージでお召し頂けることから、当店でも人気のある留袖でございます。

img_2068_r

お柄も様々御用意しております。

大切なゲストをお招きする立場である親御様。

結婚式の主役は新郎新婦のお二人ですが、お父様お母様にも素敵な装いで良き日を迎えて頂けるように専属のスタイリストがご提案致しております。

ご両家様のお衣裳の“格”のことなど、普段お召しにならないお衣裳だからこそ、プロのスタイリストにご相談くださいませ。

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

2017年1月7日(土)~1月22日(日)

新作ドレス試着フェア2017を開催致します。

運命の一日を迎えるにふさわしい、品格と輝きを持つ

ブランドゥスティルアンのオートクチュールドレス。

是非この機会にご体感ください。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2017年初ブログは、ご新郎様必見‼タキシード選びについてです‼

%e6%a0%81%ef%bc%91

スティルアンではご新郎様の着られるお衣裳も

“ ご結婚式に相応しいお衣裳 ”をベースに取り揃えております。

「ご結婚式というのはおふたりにとって一生に一回の大切なお式」

また、それは今までお世話になった方々をお招きし、生涯の誓いを立てる大切な儀式です。

それらに対して敬意を払う考えから、

しっかりとしたお衣裳を着てお式を迎えて頂く事が相応しいとされます。

ただ実際に、“ タキシード選び ”となりましても、

男性衣裳の場合何から決めていけばいいのか、そんな方法は特別知らされていないですよね。

ブランドゥスティルアンにお越し頂いたご新郎様からも

「どれを着たらいいのか分からない」という声を頂くことがございます。

また、

・ご友人が着ていた色がこの色だからなんとなく~…

・結婚式と言えば式は白のタキシードでないとダメなんですよね?

というお声を頂く事もございます。

このように、何を基準に選んだらいいのか分からない‼

というようなお悩みをお持ちのご新郎様も多いんではないでしょうか。

そんな疑問をお持ちのご新郎様へ、本日はタキシードに関したお話をさせて頂きます。

まず、最初にタキシード選びをする前に

フォーマルウェアの種類、またはその歴史、そしてそのデザインを知ることが

最良な衣裳をお選び頂く中で大切なポイントと言えます。

%e6%a0%81%ef%bc%92

以前のブログでもご紹介させて頂いた通りに

欧米諸国に比べて日本ではドレスコードに関してあまり親しみがありませんが、

元々、世界基準で定められている

「その場、その時間帯に相応しいとされている装い」

といものがあるのはご存知でしょうか。

 

【男性の衣裳の場合】

昼間の第一礼装の 「 モーニングコート 」

夜間の第一礼装の 「 燕尾服(テールコート) 」または 「 タキシード 」

昼夜を問わず着る準礼装の 「 フロックコート 」

ご結婚式の日にご新郎様が着られるタキシードとは

このドレスコードに則ってデザインされておりまして、

また婚礼衣装のタキシードとはご新郎様衣裳の総称とされます。

このドレスコードの一つ一つをみていくと、全て歴史的背景、デザインが異なります。

%e6%a0%81%ef%bc%93

まずは、代表的な特徴も合わせてご紹介致します。

【モーニングコート】

昼間の時間帯で最も格式が高いのがモーニングコート。

日本ではお父様が着られることとして知られておりますが、

ご新郎様用のお衣裳としては色デザインをアレンジされているものが

クラシカル感があり挙式等で着られる衣裳として支持されております。

代表的な特徴としては、

・縞のパンツ

・縞のネクタイ

・シルバーベスト

・ジャケットの曲線的なカッタウェイカット 等になります。

【燕尾服(テールコート)】

夕方以降の正礼装。

公式な晩餐会などで着られ、結婚式で着られることは少なくなり

このような形のご新郎様衣裳はだいぶ少なくなってまいりました。

代表的な特徴としては、

・白の蝶ネクタイ

・白のベスト

・ジャケット襟のピークドラペル

・ジャケットの水平なカッティング

・パンツの側章が2本 等となります。

【タキシード】

こちらも夜の正装です。正式には準礼装とされております。

ハリウッド俳優がレッドカーペットを歩く際に着られるお衣裳として

見られたことのある方も多く、ジャケットの丈の短さが着やすいことから

ご新郎様の支持率№1を頂く形とも言えます。

代表的な特徴としては、

・黒の蝶ネクタイ

・ベストもしくはカマーバンド

・ジャケットの襟はピークドラペルもしくはショールカラー

・パンツの側章が1本 等

また、燕尾服やタキシードを着用する際には、エナメルの靴を履く事が定められております。

%e6%a0%81%ef%bc%94

これは夜のダンスパーティーで革靴の黒墨で、女性のロングドレスを汚さないようにという

レディーファーストな考えからきているそうです。

【フロックコート】

こちらもモーニングコートと同じく昼間の礼装です。

代表的な特徴としては、

ジャケットの前後ろの丈が長いことでして

スッキリとした印象でお召頂く事ができます。

また、フロックコートはスーツの原点とも言われております。

以上のように婚礼衣装のタキシードとはこの4つの形から成っており、

こちらの衣裳をベースに生地やデザインをセレモニー用にアレンジされ

華やかな仕立てとなったものがご新郎様の着られる“ タキシード ”という訳です。

ただ、ご結婚式ではフォーマルという事だけにこだわらず、

ご新婦様の着られるドレスの様に、

その着こなし方や、魅せる事を楽しんで着て頂く事もご自身らしさであり

また、ゲストもその姿を見ることを楽しみにされていることと思います。

%e6%a0%81%ef%bc%95

ただ、しっかりとした正装のマナーや知識を身に着けた上での着こなしは、

きっと当日をより素敵な姿でお迎え頂けすはずですよね。

また、タキシードには様々な色目がございますのでご紹介致します。

黒、白、シルバー、グレー、ベージュ、ネイビー、水色、

グリーン、ブラウン、エンジ 等

ご来店頂いた際はこのような様々なお色目の中からお選びいただいております。

もちろん、ご新婦様のドレスとの相性も考えてお衣裳を見ていきますが

❝ お二人がどういった式場でご結婚式をされるか ❞

も視野に入れてお選びいただくのもお勧めです。

%e6%a0%81%ef%bc%96

例えば、天井も高く格式の高いホテルの会場でしたら

厳格にブラックやネイビーのタキシードをお召頂くのも素敵ですし、

光沢のある衣裳でしたら照明映えもよく華やかにお召頂けます。

%e6%a0%81%ef%bc%97

また、緑が豊かなガーデンなどがある式場でしたら

白やグレーなどのお色目で爽やかに、

また、光沢のない物でしたらナチュラルな雰囲気でお召頂けます。

最近ではご新郎様の意識も高くお花嫁さんのカラードレスのお色直しに合わせて

タキシードも2着選ばれる方が大半となってまいりました。

その際は1着目のお衣裳とは雰囲気をガラっと変えて、

カラーシャツでのアレンジや、

蝶ネクタイを使ってのコーディネイト、

ベストチェンジなどをして頂き、

ご新郎様らしくお衣裳をコーディネイト頂くのもとても素敵です。

%e6%a0%81%ef%bc%98

ご来店頂いた際は結婚式場を熟知したスタイリストが

お二人とご一緒にお衣裳選びをしていきますので

コーディネイトに自信をお持ちでない方もご安心下さい。

また、ご体型に合った着こなしや、こだわりなどございましたら何でもご相談下さい。

ブランドゥスティルアンでは最高なご結婚式に相応しい、おふたりのお衣裳選びをご提案致しております。

ぜひ、店頭にてご確認下さい。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

2017年1月7日(土)~1月22日(日)

新作ドレス試着フェア2017を開催致します。

運命の一日を迎えるにふさわしい、品格と輝きを持つ

ブランドゥスティルアンのオートクチュールドレス。

是非この機会にご体感ください。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89

いつもブランドゥスティルアンのブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、

2016年12月28日(水)~2017年1月3日(火)

まで、年末年始休業とさせて頂きます。

2017年1月4日(水)11時より、通常営業となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

2017年もブランドゥスティルアンを、どうぞよろしくお願い致します。

 

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

2017年1月7日(土)~1月22日(日)

新作ドレス試着フェア2017を開催致します。

運命の一日を迎えるにふさわしい、品格と輝きを持つ

ブランドゥスティルアンのオートクチュールドレス。

是非この機会にご体感ください。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

会場様が決まりになられた皆様、誠におめでとうございます。

 

会場様がお決まりになり、次は何をしたらいいのかと思われる方も多いかと思います。

一般的に会場様での挙式のお打合せが本格的にスタートするのは挙式の約3か月~6か月前です。

(会場様ごとに若干期間は異なります。)

会場様が決まり、いよいよお打合せがスタートすると思われていた方は「拍子抜けした」などとのお声も耳にしますが、

それまでの間にお二人にはやっておくべきお打合せがあります。

それがお衣裳合わせです。

image12-600x399

お衣裳合わせは会場様がお決まりになってからすぐにご覧いただいても「早すぎる」なんてことはありません。

お衣裳合わせはご結婚式のお日にちがお決まりであれば、いつでもスタートできるお打合せになります。

 

お衣裳選びは、ご新婦様にとっては最も重要なお打合せと言っても過言ではないでしょう。

会場様とのお打合せと並行して行うよりも先にご覧いただく事で、お時間にも心にもゆとりを持ってお選び頂けますので

私共もお勧めしております。

 

ブランドゥスティルアンでのお二人のお打合せの流れとしましては、

 

【ご新婦様のお衣裳選び】

     ↓

【ご新郎様のお衣裳選び】

     ↓

【ご新婦様のお小物合わせ】

     ↓

【最終フィッティング(おサイズ確認)】

 

となっております。

写真②_R

基本的には、ご新婦様のお衣裳がしっかりと定まりますと次のお打合せへと進んでいきます。

それは、お二人の雰囲気やお色味などをしっかりと合わせてコーディネートをするためです。

お小物合わせまではお客様それぞれのペースで進めさせて頂いております。

ただ、会場様でのお打合せが本格的に始まるとお二人がお忙しくなってくることも予想されるため、期間の目安としましてはそれを見越して

お小物合わせまでを挙式の約4か月前に完了していると、スムーズなお打合せと言えます。

この他にもご両親様やご親族様のお衣裳選びのお打合せもありますので、衣裳店でも何度かお打合せが必要となります。

img_1525_r

お衣裳は当日のお二人のご結婚式全体の雰囲気を左右します。

お衣裳に合わせて多くの方が髪型やブーケ、会場内の装花を選ばれます。

ですから会場様でお打合せが始まるよりも前にお衣裳が決まっていれば、会場様でのお打合せもスムーズに進められるのです。

f3092_1574_b95dc5312c82f4b91f5a77d7f16ab9cc

あまり早くに衣装を決めてしまうと、レンタルなのでお式を迎えるまでに風合いが変わってしまうかもしれないとご心配される方もいらっしゃいますが、

ブランドゥスティルアンではもともとレンタルにはあまり向かないシルクの素材を使ったオートクチュールのドレスをご案内しております。

その為、1着ごとのドレスの貸し出し回数には制限を設けさせて頂いております。

その代わりにバックオーダーといって全く同じデザイン・同じサイズのドレスを常に入れ替えてご用意しておりますので、

せっかくお決め頂いた運命のドレスが、当日になって風合いが違うなんてことはありませんのでご安心下さい。

また、オートクチュールのドレスというのはデザインにもは流行がなく、何年たってから見返して頂いても素敵なものばかりです。

new07-820x546

とはいえお二人にとっては初めての事ですし、会場様でのプランナーさんとのお打合せが始まってからでないとなかなかご結婚式のイメージが沸かないとおっしゃられる方も多いですが、

ブランドゥスティルアンではスタイリストが分かる範囲でのお二人のお好みなどをお伺いしながら、

お二人らしいパーティーのご提案、お衣裳のご案内をさせていただいておりますので

まずは気兼ねなくご来店ください。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

2017年1月7日(土)~1月22日(日)

新作ドレス試着フェア2017を開催致します。

運命の一日を迎えるにふさわしい、品格と輝きを持つ

ブランドゥスティルアンのオートクチュールドレス。

是非この機会にご体感ください。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

PAGE 1 of 1812345...10...最後 »
PAGE 1 of 1812345...10...最後 »

pagetoppagetop