BlogBlog

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

ロンドンのドレスブランド『スザン・ネヴィル』より

鮮やかなピンクとレモンイエローの2着を新作入荷いたしましたので本日はドレスのご紹介をいたします。

 

 

Dress Name:エヴィーPink・Yellow

Dress Brand:Suzanne Neville

 

1

 

スザン ネヴィルのドレスらしく艶の美しいシルクオーガンジーを

たっぷりとあしらったAラインの華やかなカラードレスです!

 

 

ウェストラインから流れゆくスカートはドラマティックな華やかな広がりを魅せ

軽やかな表情と共に歩く花嫁さんを気品ある姿へと映します。

 

2

 3

 

発色の良い色合いをしておりますので

お顔がパッと映えお色直しのインパクトもばっちりなカラードレスです。

 

 

合わせられるコーディネートや特にブーケの風合いによって魅せる表情が変わりますので

トータルコーディネートにもこだわられて着こなして頂きたい1着です。

 

 3

 4

3

6

 

いかがでしょうか?

ドレスだけを見たイメージとトータルコーディネートで見られたイメージとでは

印象がガラっと変わりますよね。

 

お衣装が主役なのではなく着られるお花嫁さんのなりたいイメージやもつ雰囲気に

染まりますのでご自身だけの素敵なドレス姿が叶いますよ。

 

7

 

気になられましたら是非店頭にてご確認くださいね。

いつもブランドゥスティルアンのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

5月も後半になり、なんだかジメジメと梅雨を感じる季節となってきましたね。

 

皆様も「ジューンブライド」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

元々欧米では6月に結婚式をすると幸せになれるといわれており、

それが次第に日本へも伝わってきたといわれております。

ヨーロッパでは気候が良く雨も少なく安定していることもあるが、日本は梅雨の時期。

結婚式ですから、最高にいいお天気に‼とそう願う新郎新婦様も多いことでしょう。

 

私の好きな映画の一つに「アバウトタイム~愛おしい時間について~」という作品があります。

 

1

 

その映画のワンシーンに結婚式の様子が描かれています。

挙式が終わり教会を出ると強風に見舞われ、ゲストもドレスや髪型が崩れて大騒ぎな中

追い打ちをかけるかのような豪雨。

せっかく準備をしてきたガーデンウェディングが台無しに・・と衝撃をうけました。

 

2

 

でも主人公のメアリーは「私たちの人生も同じ、いろんな天気があるわ。楽しんで。」と

みんなに声をかけ終始笑顔。

結婚式に雨が降るのは、神様が二人を祝福し、

これから二人が流すであろう一生分の涙を流してくれている。

という素敵なジンクスを思わせるワンシーンでした。

 

私たち夫婦も雨男・雨女説があり、結婚式も絶対雨だよねー。なんて話をしていました。

でもこの映画を見て、雨でもこんなに笑顔溢れる結婚式なら素敵‼とそう思えるようになりました。

とは言っても晴れてほしいと願う気持ちは大いにありましたよ。

 

で、結婚式当日はまさかの・・・・雨‼(笑)

 

幸いにも私たちが選んだ式場は全天候型で、

雨に左右されることなく結婚式を行うことができるため

大きな予定変更はなかったのですが、本当に「まさか!」の一言。

 

これで私たち夫婦の雨説は確信に変わりました(笑)

でも実はその説をみんなに知ってもらいたいと、

自分たちらしい会場のコーディネートを考えていました。

ずっとやりたかった傘のコーディネート。

 

3

 

アバウトタイムのワンシーンを切り取ったようなとっても素敵なコーディネートでした。

 

4

 

そしてもう一つのこだわり・・・

それが「レッドカーペット」‼

 

5

 

これはプランナーさんからの提案で行った演出なのですが、

これだけは雨だと難しい演出だったのです。

でもスタッフさんの協力もあり、小雨のタイミングを見つけ実現する事ができました。

もちろん傘をさしながらの移動だったので、

ゲストも大変な思いをしたことと思います。

 

6

 

ですが写真に写るみんなの笑顔を見て本当に実現できてよかったと心から思いました。

 

7

 

これが私たちらしい結婚式‼まさにそう思えたのも「雨」のおかげです。

 

これは結婚式のほんの一部のお話ですが、その他はまたの機会にとっておきますね。

 

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

昨今では結婚式も多様化し、

ドレスや和装など様々にご自分のスタイルを作られる花嫁様が多くいらっしゃいます。

 

その中でも、和装は日本らしさを感じられる艶やかさがあり注目のお衣装です。

 

花嫁着物には、幸せを願う、想いの込められた柄が織り込まれております。

柄一つとっても、色々な意味が込められているのですね。

 

和装の柄(文様)には様々な種類がありますが、その中から代表的な文様をいくつかご紹介いたします。

 

まずはこちら。

有職文様の代表的な一つ、亀甲文様です。

 

%e9%a9%95%ef%bd%b8%e8%ac%9a%e6%a8%a3%ef%a3%b0%e3%83%bb%e5%b2%bc%e7%b8%ba%e4%b9%9d%ef%bd%89%e8%8f%b4%e6%87%88%e3%83%bb%e7%b8%ba%e5%8a%b1%e2%97%86%e7%b9%9d%e8%bc%94%e3%81%8b%e7%b9%9d%ef%bd%ab%e7%b9%a7

 

有職文様とは、中国唐朝から伝わった文様を日本風にアレンジした文様です。

平安時代に、公家の装束や調度品に使用されていた伝統的な文様をさします。

主な文様として、立涌文、菱文、雲鶴文、小葵文、七宝文などがございます。

 

亀の甲羅に形が似ていることから名付けられた亀甲文様は、「亀は万年」とも言われるように

長寿の象徴です。おめでたいしるしとされる吉祥文様としても、様々な着物に用いられています。

 

%e9%a9%95%ef%bd%b8%e8%ac%9a%e6%a8%a3%ef%a3%b0%e3%83%bb%e5%b2%bc%e7%b8%ba%e4%b9%9d%ef%bd%89%e8%8f%b4%e6%87%88%e3%83%bb%e7%b8%ba%e5%8a%b1%e2%97%86%e7%b9%9d%e8%bc%94%e3%81%8b%e7%b9%9d%ef%bd%ab%e7%b9%a7

 

七宝、紗綾形、青海波と一緒に織られた雲取文の色打掛。

 

四方八方に広がっていく様から名付けられた七宝文は、

輪が無限につながっていくことから円満の意味が込められております。

七宝とは仏教における七種の貴重な宝のことであり、

その縁起の良さにちなんで七宝と呼ばれているとも言われています。

 

また、穏やかな波が永遠に続く様子の青海波は未来永劫の幸せを願うという意味が、

また卍(まんじ)の形を崩してつづり連ねた文様である紗綾形にも、

どこまでも続くその柄から不断長久として家の繁栄や長寿を願う意味が込められています。

 

こちらの色打掛には椿の文様も見えますね。

椿は、一年中青い葉をつけていることから吉祥木とされており、

また寒さの厳しい冬に花を咲かせて春を告げる木であることからおめでたいしるしとして愛されてきました。

 

 

%e9%a9%95%ef%bd%b8%e8%ac%9a%e6%a8%a3%ef%a3%b0%e3%83%bb%e5%b2%bc%e7%b8%ba%e4%b9%9d%ef%bd%89%e8%8f%b4%e6%87%88%e3%83%bb%e7%b8%ba%e5%8a%b1%e2%97%86%e7%b9%9d%e8%bc%94%e3%81%8b%e7%b9%9d%ef%bd%ab%e7%b9%a7

 

吉祥文様の中でも代表的な一つ、松竹梅。

歳寒三友とも呼ばれ、中国の文人画で好まれる画題の一つ。三友とは、松・竹・梅のことをさします。

冬の寒さでも常に緑を保つ松、真っ直ぐに伸びる竹、

寒中に美しく花ひらく梅は日本では吉祥のしるしとして大変馴染みのある文様です。

 

 

%e9%a9%95%ef%bd%b8%e8%ac%9a%e6%a8%a3%ef%a3%b0%e3%83%bb%e5%b2%bc%e7%b8%ba%e4%b9%9d%ef%bd%89%e8%8f%b4%e6%87%88%e3%83%bb%e7%b8%ba%e5%8a%b1%e2%97%86%e7%b9%9d%e8%bc%94%e3%81%8b%e7%b9%9d%ef%bd%ab%e7%b9%a7

 

宝尽くしと花車、亀と同様に長寿の象徴とされている鶴が文様になっているこちらの色打掛。

 

絢爛豪華に咲き誇る四季折々の花を乗せた花車は、平安時代の貴族が乗っていた牛車に美しい花をのせて模様化したものです。

たくさんの幸せを招くように、という願いが込められています。

 

また、福徳を呼ぶ吉祥文様としてよく見られるのが宝尽くし文。

この色打掛では花車を囲むように散らされています。

打てば宝が出てくる打出の小槌、砂金や金貨を入れる金嚢、

七宝、金を計る分銅、隠れ笠など様々な宝を組み合わせて使用します。

 

 

%e9%a9%95%ef%bd%b8%e8%ac%9a%e6%a8%a3%ef%a3%b0%e3%83%bb%e5%b2%bc%e7%b8%ba%e4%b9%9d%ef%bd%89%e8%8f%b4%e6%87%88%e3%83%bb%e7%b8%ba%e5%8a%b1%e2%97%86%e7%b9%9d%e8%bc%94%e3%81%8b%e7%b9%9d%ef%bd%ab%e7%b9%a7

 

熨斗に、牡丹、桜に鼓などが華やかな色打掛。

 

慶事のご進物としてアワビを引き伸ばして干した熨斗アワビが元となっている熨斗には、

数本が束になっている束ね熨斗と呼ばれる文が多くございます。

永遠の象徴とされております。

また、百花の王とも呼ばれる牡丹は、

幾重にも重なる花びらの優雅さから皇帝に愛されていたとされ、

富貴・高貴・幸福などを表します。

豊年の兆しとなるめでたい花として描かれてきました。白無垢・色打掛でもよく見られるお柄です。

 

鼓は祭りや宴の楽しげな雰囲気をイメージさせますね。

美しい音色が鳴るという意味と、見事な実がなるという意味にかけて、

豊作を意味する文様として好まれています。

 

また、桜もよく用いられる花の一つ。

日本人に愛されている桜は日本を象徴する文様です。

春にたくさんの花を咲かせる桜は、

春の花の象徴でもあり縁起の良いことの始まりを意味しています。

婚礼においては、新たな人生をスタートするお祝いの意味でも用いられます。

 

いかがでしたか?

 

何気なく目にする着物の柄にもそれぞれに奥深い意味が込められています。

柄の意味を知ると、お着物への想いもより深いものになりますね。

今も昔も、花嫁様の門出を祝う気持ちは変わりません。

結婚式という晴れの日に、和装に込められた幸せを願う想いを感じられてみてはいかがでしょうか?

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

2019/5/13(Mon)~2019/5/26(Sun)

和装試着フェア -伝統と格式が紡ぐ美しき和の装い-

結婚式の衣装に長年携わってきた ブランドゥスティルアン

新たな花嫁衣裳の魅力を伝えるべく 伝統・格式を重んじながらも

「あなたらしく」をテーマに運命の1着をご提案いたします

フェア成約特典:花嫁様に「和装の色合わせ」の楽しさ素敵さを知っていただきたい!
        そこで…
        スタイリストによるお客様だけのコーディネートをいたします!
        <和装小物セット(16200円相当)レンタルプレゼント♪>

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

「和装試着フェア」がスタートして4日目となりました。

大変ありがたいことにたくさんのお客様が既に和装のご試着にお越しいただいております。

 

ブログをご覧いただいているお客様にさらに和装の魅力を感じていただけるよう

本日は「和装コーディネート」のご紹介をさせていただきます!

 

日本ならではの伝統的な和装は

着る機会も七五三・成人式と中々少ない中で 一生に一度の花嫁姿をさらに華やかにしてくれます。

ご決定された会場様の雰囲気に合わせた お色目・文様の種類は様々ございます。

また、和装に合わせるお小物にもこだわって頂くと

より花嫁様自身の魅力が引き出せる 素敵なコーディネートに巡り合えると思います。

本日はお勧めの和装コーディネートをご紹介致します。

 

1

 

2

 

 

赤いお色目の色打掛はやはり定番色として慕われております。

こちらはワインレッドのお色目で深みのある落ち着いた 雰囲気を醸し出してくれる分、凛とした印象に仕上がります。

お柄一つ一つがパッと映えますので、お色直しで お召頂くと代り映えがあってとても素敵です。

 

「南天」

初夏に白い花をつけ、冬に果実をつけるめでたい花木として 正月の床にも飾られます。

<難を転ずる⇒ナンテン>とも言われ魔除けとしても 使われておりました。

ここから中に着る掛下・五点セットの 組み合わせをコーディネートしていきます。

 

3

 

掛下: 松葉色

五点セット:苔色

帯揚げ: 小豆色

深紅の色打掛に鮮やかな松葉色の掛下で古典的な着こなしを。

差し色に南天の葉の色合いと近い5点セットを差し込むことで

統一感と掛下との濃淡で爽やかなコーディネートとなりました。

 

 

次に雰囲気を変えて可愛らしい色打掛をご紹介致します。

 

4

5

 

 白・緑がベースのお色目になることで清楚で控えめですが

このお色目ならではの柔らかな印象を引き出せます。

全体的な配色も淡いので、可愛らしい雰囲気を 出したい花嫁様にお勧めです。

 

ピンクやイエローなどの暖色系も合わせられそうですし、

さし色としてブルーやパープルなどの寒色系を 合わせて頂くこともできますので

コーディネートの幅は とても広がりそうですね。

 

6

 

掛下:紅赤

五点セット:小豆色

帯揚げ:紅紫

色打掛自体のお色目が淡い分、

はっきりとした明るい お色目を合わせて頂くと華やかさが増します。

全体を引き締めるような単色のピンク色の掛下を合わせ

甘い雰囲気になりすぎないよう五点セットと帯揚げは深みのある色合いをあわせ

少し大人可愛い雰囲気に仕上げました。

 

お色目の数だけパターンが見出せる分お衣裳選びだけでなく、

その後のお小物合わせもどのような組み合わせにされるかは 花嫁様自身の魅力をいかに引き出せるかだと思います。

「他の花嫁様と違った印象にしたい。」 「もっと華やかに仕上げたい。」

私共スタイリストがコーディネート作りのお手伝いをさせて頂きます。 ぜひご相談くださいませ。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

2019/5/13(Mon)~2019/5/26(Sun)

和装試着フェア -伝統と格式が紡ぐ美しき和の装い-

結婚式の衣装に長年携わってきた ブランドゥスティルアン

新たな花嫁衣裳の魅力を伝えるべく 伝統・格式を重んじながらも

「あなたらしく」をテーマに運命の1着をご提案いたします

フェア成約特典:花嫁様に「和装の色合わせ」の楽しさ素敵さを知っていただきたい!
        そこで…
        スタイリストによるお客様だけのコーディネートをいたします!
        <和装小物セット(16200円相当)レンタルプレゼント♪>

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

いつもブランドゥスティルアンのブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

皆様、結婚式の花嫁様の衣装となりますと、

ウエディングドレスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

チャペルでドレスを着ての挙式が定番ですが、

昨今では、和装の結婚式が大変人気がございます。

それはやはり、ドレスと同様にお召しになる機会が少ないからです。

 

和装は、日本古来の伝統的な衣装です。

人生最高の晴れ舞台に、和装をお召しになってみてはいかがでしょうか。

 

本日のブログでは、ぜひ花嫁様に着ていただきたい色打掛をご紹介致します。

 

1

 

≪吉野山遊花図》

 

当店の和装の中でも人気のお色目です。

平安貴族が、吉野山へお花見に赴くという風景を想い、山々に桜と紅葉を施した華やかかつ柔らかな色打掛です。

「桜といえば、吉野さくら」古くから歌にも多く詠まれておりますね。

色打掛いっぱいにあしらわれた桜は、ふっくらと織り上げられ、

地と金箔と糸をより合わせた杢糸を使用した綴唐織ならではの上品さや優しさが満ちています。

 

 

2

 

鼓や几帳、文箱・貝踊など平安朝の気品ある調度品も古より好まれた柄となっております。 

古典的でどこかモダンな雰囲気の漂う一着です。

 

濃淡のある桜色や流水の水色が優しく、紅や紫紺を差し色に、

和の輝きの中に可憐さを感じさせる色使いも魅力的な色打掛です。

 

 

3

 

こちらの色打掛はお色違いのオレンジもご用意がございます。

王朝貴族たちが雅楽とともに花見に興じた雅やかな空気に包まれながら

当日をより一層、華やかに彩られてみてはいかがでしょうか。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

2019/5/13(Mon)~2019/5/26(Sun)

和装試着フェア -伝統と格式が紡ぐ美しき和の装い-

結婚式の衣装に長年携わってきた ブランドゥスティルアン

新たな花嫁衣裳の魅力を伝えるべく 伝統・格式を重んじながらも

「あなたらしく」をテーマに運命の1着をご提案いたします

フェア成約特典:花嫁様に「和装の色合わせ」の楽しさ素敵さを知っていただきたい!
        そこで…
        スタイリストによるお客様だけのコーディネートをいたします!
        <和装小物セット(16200円相当)レンタルプレゼント♪>

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

PAGE 4 of 57« 先頭...23456...102030...最後 »
PAGE 4 of 57« 先頭...23456...102030...最後 »

pagetoppagetop

pc_eventbnr