BlogBlog

ブランドゥスティルアンのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

皆様、挙式のスタイルはもうお決まりでしょうか?

そもそも挙式のスタイルって何があるんだろう・・・と思いのかたもいらっしゃるかと思います。
挙式スタイルとして多く選ばれていますのがチャペルを使用しての
キリスト式や人前式です。こちらはウエディングドレスを着て行われることが多いです。

ただ、最近では神社での神前式、異動はせずに会場内での和装人前式の人気が高まっています。

そのためブランドゥスティルアンでは和装のご案内にもコーディネート研究や和装研修を重ね、幅広いご提案
ができるスタイリストがそろっています。

1

元々、ブランドゥスティルアンは18年前、ヨーロピアンドレスの専門店として小さなショップをスタートさせました。
その頃はドレスのレンタルがメインでしたので、和装の取り揃えは数少なかったのですが、
近年白無垢での神前式も増え、お色直しに色打掛を選ばれる花嫁様も増えたことから、和装の取り揃えも充実してまいりました。
ハウスウェディングやリゾートでも和装をお召しになる花嫁様も今では珍しくありません。

4

たびたびブログでも登場する和装の小物も数多く取り揃えておりますので、それぞれのスタイルに合わせて「自分らしい」コーディネートを楽しんでいただけることと思います。

先日は白無垢と色打掛の商品撮影を行い、新しく和装のパンフレットの作製にも取り掛かっています。
パンフレットを手にしたときに、「持って帰りたい!コーディネートの参考にしたい!」と思っていただけるような素敵なものが出来上がることをスタッフも楽しみに取り組んでおります。
今しばらくお待ちくださいませ。

「吉祥鶴」

picture57688

優雅に飛び交う鶴は、千秋万歳の寿をかさねる、多寿、百寿をあらわし、また一品鳥ともいわれ、天皇の位をあらわします。
立派な人になるように願う吉祥文様です。
婚礼の儀に最もふさわしい意匠(デザイン)ですっきりと格調高い白無垢です。

穢れのない純真な色である白一色の白無垢は、室町時代末期より様々な儀式や式典に用いられてきました。
「白」は古より太陽の光の色であり、神聖かつ清らかなものとして邪気を祓うと信じられてきました。
明治以降になると白無垢は花嫁衣裳としてのみ着られるようになり、その清楚で凛とした佇まいは現代でも多くの女性の憧れです。
3

白無垢は一見真っ白な着物にしか見えないとも言われますが、近づいてよく柄を見てみると一つ一つ文様が違い、
それぞれにしっかりと意味があります。
スタイリストが文様の意味もしっかりとお伝えしながら衣裳選びができますので、
ご自身にしっくりくる意味合いを持つ文様の白無垢を選ばれるのも、思い出の一つになるのではないでしょうか?
また、親御様から花嫁様への願いを込めての和装選びも素敵ですね。

2

和装での前撮りのご相談も承ります。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

luna

ブランドゥスティルアンでは5月12日から5月27日までの期間限定で「トータルコーディネートフェア」を開催いたしております。

≪ブランドゥスティルアン≫がお届けするシルクのオートクチュールドレス。

特別な一日を特別な一着でお過ごしいただきたい。

今回のトータルコーディネートフェアではドレスのご試着だけではなく

先ほどご紹介させていただいたようなヘアスタイル・アクセサリー・ベール・ブーケまでを

専属のスタイリストがコーディネートさせていただきます。

当日に近いイメージでご試着が可能ですので

きっと運命のドレスにも出会えることでしょう。

このフェアだけの特別な特典もご用意いたしております。

是非この機会にドレス選びを≪ブランドゥスティルアン≫ではじめてみませんか?

ご好評につきご予約がお取りずらくなっておりますのでお早目のご予約をおすすめいたしております。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

 

 

 

 

ブログをご覧の皆さまこんにちは。

最近は春の陽気が漂い、気持ちの良い季節になりましたね。

本日もいいお天気ですのでお花見にお出かけの方も多くいらっしゃるかと思います。

日本の風情を楽しめる素敵なイベントですよね。

 

 

結婚式当日や前撮りで和装をご検討されていらっしゃるお客様はいらっしゃいませんか。

和装はとても幅広い世代の方から愛される日本の伝統的なお衣裳です。

特に親御様やおばあ様世代のお客様はとてもお喜びになられるかと思います。

 

%e7%99%bd%e7%84%a1%e5%9e%a2

 

白無垢は元々室町時代から着られるようになった最も格式の高い婚礼衣装になります。

日本ならではの奥ゆかしさや凛と姿に憧れをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

それゆえ白無垢は堅苦しい、かつらでないと着られないなど

マイナスのイメージをお持ちの方もいらっしゃるのが事実です。

 

 

 

 

以前は白無垢には中の小物も白で統一が一般的でしたが

現代では選べる色の幅も広がり色合わせによって白無垢にも

より「自分らしさ」を取り入れる事ができるようになりました。

 

 

可愛くお召しになられたい方には手毬柄はいかがでしょうか。

 

%e6%89%8b%e6%af%ac1

 

ころんと丸みを帯びた毬柄が新婦様の可愛さを引き立ててくれます。

 

 

%e6%89%8b%e6%af%ac%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

 

掛下にピンクを使い、アクセントで赤をさし色にすることで

可愛さと凛としたイメージの絶妙なバランスが取れますね。

 

手毬柄は柄も小ぶりで可愛らしいイメージになりますので

白無垢を可愛くお召しになりたい方や比較的小柄な新婦様にお勧めの1着でございます。

 

 

 

 

白無垢は着たいけれど人とは違った雰囲気にしたい!

そんな方にもぴったりの1着もございます。

 

%e5%b9%94%e5%b9%95%e6%96%871

%e5%b9%94%e5%b9%95%e6%96%872

 

白に金糸を織り込んだ華やかで個性的な白無垢でございます。

夫婦鶴や亀甲文様などのお柄が金糸を織り交ぜる事により

より一層柄が際立ちお写真映えも間違いありません。

 

白無垢本体にお色や柄も多く入っておりますので

こちらはシンプルなコーディネートがお勧めです。

 

%e5%b9%94%e5%b9%95%e6%96%87%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

 

 

白無垢のゴールドとアクセントカラーのネイビーの組合せが

凛とした花嫁様を演出してくれます。

白無垢でも粋なイメージになりますね。

 

 

いかがでしたか。

白無垢もこだわりを持ってコーディネートすることによって

あなたらしさが花開きますように…

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

 

こんにちは。

本日もスティルアンのブログをご覧頂き

誠にありがとうございます。

 

もうすぐ始まる入学式シーズンを目前満開の桜となりましたが

やわらかな春の日差しがうれしい季節になりました。

 

景色の良い春先はお外での和装でのお写真がより一層映え、

毎年ご希望の多い時期となります。

 

 

 

白無垢や色打掛にはかかせないアイテムの和装小物。

ドレスだけではなく、和装でも自分らしく

コーディネートを楽しんでみませんか?

 

 

nisii1

 

 

この和装小物にはひとつひとつ

想いが込められているということを

皆様ご存知でしたか?

 

 

nisii2

 

 

◇懐剣:かいけん

帯の左側にさした房の飾りのついた小物のことです

 

その昔、武家に生まれた女性が護身用に短刀を所持しており

その習慣は女性のたしなみとなりました

武家の妻として「自分の身は自分で守る」という意味もあったそうです

江戸時代より嫁入り道具の一つとして

花嫁衣裳に懐剣をさすようになりました

 

 

 

◇筥迫:はこせこ

胸元の合わせに差し込まれる四角い小物のことです

 

もともとは江戸時代、武家の婦人が用いた懐紙やお香などを入れる

和風の小物入れだそうです

懐紙とはお茶道の際にお茶菓子を包んで食べる用の紙のこと

懐紙を持つことは女性のたしなみだったそう

現代でいう化粧ポーチになりますね

 

 

◇末広:すえひろ

ご婚礼用のお扇子のこと

先に向かって広がる形状から「将来に幸あれ」や

「福来れ」との願いが込められ名付けられました

 

 

その他にも《帯締め》や《抱え帯》というお小物があり

見た目のアクセントや装飾に使用するものとなっております

 

 

白無垢や色打掛などのお衣裳はもちろんですが

お小物ひとつひとつにも歴史があり

たくさんの想いが込められ

古くから親しまれてきているのです。

 

nisii3

 

私たち日本人が古くから大切にしてきた想いに触れながら

あなただけのコーディネートに身を包み

趣ある素敵な花嫁さまになって頂きたいと思っております

 

 

スティルアンではお客様おひとりおひとりの

個性を生かしたコーディネートのご提案が出来るよう

たくさんのお色をご用意してお待ちしております。

 

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

 

本日は新作の色打掛のご紹介を致します。

 

色打掛:市松肥後六花

いちまつひごろっか

色掛下:椿

5点セット:ピンクあられ

帯揚げ:青藤色

%e6%9f%b3%e6%9c%ac1

 

白地をベースとした色合いの可愛らしい色打掛です。

 

色打掛の柄に入る肥後六花とは、

江戸時代から品種改良を重ねてきた熊本独自の花と言われております。

 

良く柄を見て頂くと描かれている六花がよく見えてきます。

%e6%9f%b3%e6%9c%ac2

芍薬、椿、山茶花、菊、菖蒲、朝顔の春夏秋冬の花々が

こちらの色打掛では色とりどりに美しく華やかに描かれております。

 

元々はその形に独特の美しさがあることから武士のたしなみとして

大切にされていたと、言い伝えがございます。

 

またこちらの六花はそれぞれ異なる季節に盛りを迎えますので

こちらの色内掛のように一枚に咲き誇る姿は理想郷とされ

吉祥文様とされております。

 

織物ながら絵画のようにグラデーションを利かせた花の描写は

大変美しく、お召し頂くお花嫁さんを瑞々しく彩ります。

%e6%9f%b3%e6%9c%ac3

 

色打掛は式当日だけではなく前撮りでの撮影も大変人気を頂いております。

 

またコーディネートにもご注目頂きますと

色打掛に入る椿の柄の色掛け下とのコーディネートで

全体的な印象もより華やかになり可愛らしい印象となりますね。

白地の色打掛は色掛下で随分と印象が変わりますので

その色合わせを楽しめるのも色打掛ならではです。

 

こちらのお衣裳はブランドゥスティルアンにてご用意しております。

気になられた方はぜひ担当スタイリストまでお声がけください。

 

**********************************************

海外挙式・二次会をお考えの方に・・・

この度、ブランドゥスティルアンでは2018年3月10日(土)から3月25日(日)まで

海外挙式や二次会利用を対象とした販売ドレスフェアを行います。

ブランドゥスティルアンではお貸出し回数に制限を設け、

お客様にレンタルという形でドレスのお貸出しさせていただいているので

レンタルストップとなった商品を常時お客様へ販売という形でお譲りさせていただいております。

普段はなかなか手に入らないインポートのオートクチュールドレスを

より多くの方にお召し頂きたいという思いから、この期間中にご成約頂きますとご成約特典10%割引となります。

ブランドゥスティルアンのドレスはお召しいただいているお花嫁様ご本人がより美しく見えることはもちろんですが、

元々邸宅でのパーティーを想定してオートクチュールで仕立てられた軽やかなドレスだからこそ

海外でのロケーションフォトや二次会などの
カジュアルなパーティーの場でもたくさん動いて思いきり楽しむことができます。

販売ドレスは数に限りがございますのでお早目のご来店をお勧めいたします。

**********************************************

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

 

弥生のみぎり、皆様はいかがお過ごしでしょう。

 

最近は和装婚も大変人気がございます。

本日は和装の吉祥文様についてお話しさせて頂きたいと思います。

 

吉祥文様とは、『良いしるし』や『めでたい』という意味で、本来は不老長寿を願う中国思想によるものと言われております。

 

日本では、平安時代に年中行事に使う、和様の吉祥文様が完成しました。

その後、時代ごとの様相を示しましたが、平安朝を意味するものが吉祥文様として

多くをしめております。

 

まず紹介させていただくのがこちらのお柄。

 

isihara1

≪ 鶴 ≫

最も人気な文様の一つでして中国では千年生きる瑞鳥といわれ、長寿の象徴とされていました。和装の柄では多く入っている柄の一つでございます。

こちらは白無垢ですが珍しく、柔らかいお色目の鶴がとってもきれいなお衣裳になっております。

 

isihara2

 

≪ 椿 ≫

椿は魔をはらう神聖な樹木として古くから尊ばれてきたといわれております。

花の美しさをめでるようになったのは室町時代の茶の湯の成立からでして、

茶花として最も愛されておりました。

こちらのお打掛は渋い赤に金の刺繍がとても豪華でスタイリッシュにお召し頂けます。

 

 

%e7%9f%b3%e5%8e%9f

 

≪ 桜 ≫

桜は吉祥文様には含まれず、春景文様に属します。日本では、『花は桜』と言われるほどに愛されておりました。

桜の花に限らず、花びらの舞う様子も多く文様にされていました。

桜は春だけのお柄と思っている方も多いですが、桜は一年で最初に咲くお花ですので新たな人生のスタートを祝うお花としては通年お召頂けます。

 

このように、和装にはとても深い意味がございます。

本日紹介させていただいたお柄はほんの一部となっております。

他にもいろいろなお色目やテイストの和装をご用意させて頂いております。

 

ぜひスティルアンで和装をトータルコーディネートしてみませんか?

 

**********************************************

海外挙式・二次会をお考えの方に・・・

この度、ブランドゥスティルアンでは2018年3月10日(土)から3月25日(日)まで

海外挙式や二次会利用を対象とした販売ドレスフェアを行います。

ブランドゥスティルアンではお貸出し回数に制限を設け、

お客様にレンタルという形でドレスのお貸出しさせていただいているので

レンタルストップとなった商品を常時お客様へ販売という形でお譲りさせていただいております。

普段はなかなか手に入らないインポートのオートクチュールドレスを

より多くの方にお召し頂きたいという思いから、この期間中にご成約頂きますとご成約特典10%割引となります。

ブランドゥスティルアンのドレスはお召しいただいているお花嫁様ご本人がより美しく見えることはもちろんですが、

元々邸宅でのパーティーを想定してオートクチュールで仕立てられた軽やかなドレスだからこそ

海外でのロケーションフォトや二次会などの
カジュアルなパーティーの場でもたくさん動いて思いきり楽しむことができます。

販売ドレスは数に限りがございますのでお早目のご来店をお勧めいたします。

**********************************************

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

 

 

 

 

 

PAGE 1 of 3123
PAGE 1 of 3123

pagetoppagetop

イベント情報

pc_eventbnr