BlogBlog

2019.02.24

白無垢の魅力

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

大好評をいただいておりましたドレスの新作フェアも本日が最終日となりました。

 

フェア期間中、お客さまのご案内をさせていただきとても感じたことは

皆様新作のドレスはもちろんのこと

「和装も少し見ることはできますか?」とお声かけくださる方が多いということです。

 

「白無垢を着たい!」と強く思い焦がれ、和婚に決められる方も多いのではないでしょうか。

清楚で凛としたたたずまいは日本の女性の憧れですよね。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a0

 

白無垢とは、花嫁が着用する最も格式が高い婚礼衣装。

 

白無垢の「白」には、「純潔」「嫁いだ家の家風に染まる」という意味があり、

これから新しい家にお嫁に入る婚礼の衣装にふさわしいという、日本らしい理由があります。

神様に仕える人の衣裳が白だったことから、

邪気を払い、神聖な儀式に臨むときの衣裳とされ花嫁衣裳として用いられたとも言われています。

 

日本人である事の誇りを纏い、大好きな人の元へ嫁ぐ決意を表す。

肩にかかる白無垢の重みがこの国の歴史の重みの様にも感じられ、自然と背筋が伸びるような、身の引き締まる、そんな気持ちにさせてくれます。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a1

 

打掛の多くは白地に白の刺繍でお柄が描かれています。

施されている刺繍の種類は実に様々。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a2

 

鶴や鳳凰・松竹梅など、縁起の良いとされているお柄が一般的です。桜や牡丹など、華やかさの出るお柄も人気があります。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a3

 

頭から爪先まで真っ白なイメージのある白無垢ですが、

白以外のお色の糸で刺繍されている白無垢もございます。

特に金糸銀糸を用いたものは煌びやかで重厚な印象になります。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a4

 

その他にも、「赤こぶき」と呼ばれる、打掛の衿や裏地、そして裾に赤いラインが入っているものや、

「紅裏」といった、裏地に赤い生地を使用したもの等もあり、全体を華やかに引き締めてくれます。

 

古来より紅白はおめでたい配色とされ、赤は厄除けの意味を持っている縁起のいい色です。

アクセントとなる赤を筥迫などの小物と一緒に取り入れたり、紅裏の綿帽子を合わせる着こなしもおすすめです。

 

又、近頃では白無垢にお小物や掛下で色味をプラスして自分らしくコーディネートして頂く事も人気となっております。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a5

 

白無垢を着て行う結婚式といいますと、神前式、仏前式、人前式が挙げられますが、

「結婚式はウエディングドレスを着て行いたい!でも一度は白無垢も着てみたい!」

そんな場合は、お写真だけを残すフォトウエディングもおすすめです。

スタジオでの撮影だけではなく、景観のよい場所で撮影をするロケーションフォトなど、結婚式で着る白無垢姿とは一味違った趣を味わえます。

特に桜や紅葉のシーズンでのロケーションフォトは、より一層美しいお写真を撮影することができる為とても人気です。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a6

 

伝統的な日本の美を、自分らしく着こなしたい。

 

ブランドゥスティルアンでは、

そんな花嫁様達の夢を叶える白無垢や、白無垢を個性的に彩るお小物類も多数お取り扱いしております。

 

担当させて頂きますスタイリストが豊富な知識の中から花嫁様お一人お一人に合わせたコーディネートのご提案させて頂きます。

 

是非店頭にてご相談ください。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

年末年始の準備を始めると

年の初めに着物を着て初詣に行こうかと考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

本日のブログではブラインドゥスティルアンで人気の色打掛をご紹介いたします。

 

色打掛:市松菊牡丹草花文様

 

%e3%81%8a%e7%9d%80%e7%89%a9

 

 

お着物全体に菊や牡丹が描かれた総柄の色打掛です。

 

色打掛に描かれている柄は様々で、それぞれ柄に意味や願いが込められていることを

皆様ご存知でしたか?

 

%e8%8a%b1%e3%82%84%e6%9c%a8%e3%81%aa%e3%81%a9

花や木など植物をモチーフにした季節を感じられる柄や、季節を問わずおめでたい意味の込められた“吉祥文様”と言われる柄がございます。

 

この色打掛に描かれている菊や牡丹にもこんな意味が込められています。

 

【菊-きく-】

 

%e8%8f%8a%e3%81%af%e5%8f%a4%e6%9d%a5%e3%81%8b%e3%82%89

 

菊は古来から漢方薬として用いられていたことから、《不老長寿》《無病息災》といった

意味がございます。

また知らない人も多いですが、江戸時代に定められた5つの式日(五節句)というものがあり、1月1日・3月3日・5月5日・7月7日・9月9日の奇数を並べた日の事を指します。

古来より奇数とは縁起の良い陽数とされており、その奇数が連なる日をお祝いしたのが

五節句の始まりと言われています。

その五節句の一つ9月9日を「重陽の節句」といいます。

「重陽の節句」とは菊を用いて不老長寿を願うことから、「菊の節句」とも言われており

《不老長寿》《無病息災》の意味はここからきているとも言えます。

また日本天皇室の紋章としても用いられる尊い花でもあり、「気高さ」などの象徴とされております。

 

【牡丹-ぼたん-】

 

%e7%89%a1%e4%b8%b9

 

 

 

《幸福》《高貴》を意味する、牡丹の花。

牡丹は小さなつぼみから大きな花を咲かせることから、《富貴》を象徴しています。

また牡丹は女性の美しさを表す花でもあり、花嫁様の一番美しい姿を現す柄にぴったりです。

 

そんな意味の込められた柄が描かれている「市松菊草花文様」。

柄の色使いも優しく、色合わせによって印象も変わるので自分らしくオシャレに和装を

お召になりたい花嫁様にもとってもオススメです!

 

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%b3

 

ブランドゥスティルアンでは色打掛のご提案だけでなく、色掛下や花嫁小物などトータルコーディネートをご提案しています。

和装を検討されている方(前撮りでも構いません)、是非ブランドゥスティルアンにお問い合わせくださいませ。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただきありがとうございます。

女性なら誰しもが憧れる花嫁衣裳

 今ではウェディングドレスが主流となっておりますが

“和婚”つまり和装での結婚式も人気が高まっております。

門出を迎える花嫁様の凛とした美しさを引き出す和装は

おくゆかしい日本の伝統的な花嫁衣装です。

 %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%a7

日本で花嫁衣裳に純白が選ばれるようになったのは、平安時代以降のことです。

昔から日本では純白の白は、神聖な色とされてきました。

江戸時代以降には、白無垢も多様化し、色掛下を合わせることも多くなり

そのお色直しとして赤色などの色打掛を掛け替えていたと言われています。

古来は振袖の上から羽織っていた白無垢ですが

時代が変化するとともに振袖のかわりに間着(今日では掛下)

と言われる衣服を着用するようになりました。

白の掛下を着用することが一般的と思われることが多いですが

古来は色の掛下を着用していたのですね。

今日ではInstagramでもよく見かける色の掛下を合わせたコーディネート。

ブランドゥスティルアンでも色合わせのご提案をさせて頂いております。

本日は今年入荷した色打掛の中から

色合わせのご提案をいたします。

色打掛 疋田道長花車文

 以前、ブログで一度ご紹介させて頂いている色打掛です。

あの美容家IKKOさんの手掛けた1枚

%e5%b8%af%e6%8f%9a

帯揚:茄子紺

5点セット:紺青

古き良き絵柄を現代的な色遣いで仕立て上げられた打掛。

こちらに抹茶色の鹿の子(絞り)の色掛下を合わせ、

帯揚げと5点セットでキュッと色を締めます。

少し深いお色を合わせることによって

より色打掛が引き立ちます。

また5点セットの色合わせを変えるだけでまた変わった印象に…

%e5%b8%af%e6%8f%9a%ef%bc%9a

帯揚:山吹

5点セット:山吹

和装は同じ色打掛でも、掛下やお小物の色合わせを変えるだけで

ガラリと雰囲気が変わります。

またブランドゥスティルアンではこの度、和装ヘッドドレスを入荷いたしました。

%e3%81%8a%e8%8a%b1%e5%ab%81%e6%a7%98%e3%81%ab%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%81%ae

お花嫁様に人気のつまみ細工のヘッドドレス。

グリーンのつまみ細工のヘッドドレスは疋田道長花車文の雰囲気にもぴったり。

以前入荷いたしました太田巻きとの相性も素敵ですよ。

%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%ae

ヘッドドレスはどの色打掛にも素敵な色合わせが出来るよう

スタイリスト全員で検討しお色目をご用意致しましたので是非ご着用ください

 %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%8c

和装であなた色のコーディネートをしてみませんか?

ブランドゥスティルアンのスタイリストがご提案させて頂きます。

是非ご相談くださいませ。

また、この度ブランドゥスティルアンでは10月13日から10月26日までの期間、

多くのお花嫁様に「本物」のドレスをお届けする為、提携会場以外の客様にもお気軽にドレスをご体感、ご利用頂く為のドレス持込相談会を開催致します。

ブランドゥスティルアンのドレスが気になっていたけれど、式場様と提携していないという理由でご来店頂けなかった方も私たちがサポートさせていただきます。

是非この機会にご試着・ご相談にお越し下さい。

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

毎年10月になると秋祭りの地域も多くなり、お囃子やラッパの音が聞こえてきます。

ご参加される方は夜は冷え込むそうなので風邪などにはお気を付けてくださいね。

 

10月は結婚式もトップシーズンです。

結婚式といえばウェディングドレスを思い浮かべられる方が多いのではないでしょうか?

憧れの純白のドレスでの挙式、素敵ですよね。

 

ただ、昨今では和装結婚式も大変人気がございます。

 

神社で行う神前式、チャペルやガーデンなどで行う人前式。

 

厳かに古来ながらのお式はもちろんのこと、少しカジュアルに装ったお式でも、実は和装が着られます。

今日のブログでは、その中でも白無垢についてお伝えいたします。

 

和装の中でも最も格式高い正礼装とされる白無垢。

頭からつま先まで、全身真っ白なお衣裳に身を包みます。

 

 3

 

白無垢の白色には、「清浄潔白」「嫁ぎ先の家に染まる」という意味合いがあり、

ひとりの女性が嫁ぐことへの強いメッセージが込められているのです。

白無垢を着ることで、これまでお世話になった皆様に結婚への決意をお伝えできるのですね。

 

打掛で一般的なお色といえば赤色ですが、白無垢にも裏地が赤いものがあったり、こぶきという縁取りが赤いものなどもございます。

白色と同様に赤色にも意味合いがあります。

「内に秘める情熱」「一生懸命にお仕えする決意」など、古来からの女性の「結婚」というものに対する強い気持ちが表れております。

 

また、白無垢をお召のときにのみ着けられるお小物がございます。

 

それが綿帽子です。

 

4

 

綿帽子は、もともと武家のご婦人の外出着として、埃除けや防寒具に使用されていたのが始まりといわれています。

結婚式においては、挙式が済むまで新郎様以外の方にお顔を見られないようにするという意味合いがあり、ウェディングドレスに合わせるベールに相当するお小物です。

 

3

 

かつら・かんざしと合わせて正統派に…

 

1

 

洋髪に生花などを合わせてカジュアルにご自分らしく…

 

6

 

こんな風に生花を大胆にアレンジされても印象的で素敵ですね。

 

また、「白無垢は真っ白で、どれを選んでも変わらないですよね?」というお声も頂きますが、白無垢も素材や、織り方、お柄などによって随分とイメージが変わります。

 

先程少し触れました、こぶきと呼ばれるお着物。

こちらも、お袖口・裾周りに赤いラインが入ったこぶきの白無垢で、一本赤いラインが入るだけでグッと引き締った印象に。

 

2

 

「富貴 赤こぶき」という白無垢の名前の通り、富貴=牡丹のお柄が金糸の刺繍が施されている華やかな一着。

 

鶴がメインの古典的なお柄から、このような赤や金の入った華やかで見栄えのする白無垢まで様々な種類のお着物をご用意しております。

 

白無垢は、挙式だけでなくお写真撮影でも大変人気のお衣裳です。

折角だからお写真だけでも形として残されたい、とお考えの方も多くいらっしゃいます。

 

挙式とはまた違う、桜の季節・紅葉の季節に撮られるのも良い記念になりますね。

 

ブランドゥスティルアンでは、創業以来ヨーロッパのオートクチュールドレスをメインに取り揃えてまいりました。

 

和装もドレスと同様に、素材にこだわり、スタイリストが花嫁様にご提供したいと思える素敵なお着物ばかりです。

また、お選びいただいた和装に合わせた「色合わせ」もご提案しておりますので自分らしいコーディネートが叶います。

 

%e2%91%a2

 

ドレスのイメージが強い当店ではございますが、白無垢・色打掛を中心とした和装も幅広くご用意しております。

古典的な正統派から、モダンでカジュアルなイメージまで、お小物での色合わせも含めてスタイリストがご提案させていただきます。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

また、この度ブランドゥスティルアンでは10月13日から10月26日までの期間、

多くのお花嫁様に「本物」のドレスをお届けする為、提携会場以外の客様にもお気軽にドレスをご体感、ご利用頂く為のドレス持込相談会を開催致します。

ブランドゥスティルアンのドレスが気になっていたけれど、式場様と提携していないという理由でご来店頂けなかった方も私たちがサポートさせていただきます。

是非この機会にご試着・ご相談にお越し下さい。

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

ブランドゥスティルアンのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

相次ぐ台風猛暑とまだまだ過ごしづらい気候が続きそうですが皆様ご体調にはお気をつけてお過ごしください。

また、8月11日よりブランドゥスティルアンでは「Brand New Me」と題しまして世界中のブランドから私共スタイリスト
が厳選したドレスの新作フェアを開催致します。
店内は涼しくしてお待ちしておりますので夏休みのご予定がまだお決まりでない方は是非ご来店ください。
(ご予約制となっておりますのでご連絡お待ちしております。)

近頃は結婚式で「和装」の花嫁様をお見かけすることも多いのではないでしょうか?
また、その優美で可憐なお姿に和装への憧れをお持ちになるかたも多いことと思います。

これからご結婚式を控えた花嫁様、お色直し、または前撮りにて和装はいかがでしょうか?
日本の伝統衣装である「白無垢」「色打掛」。
花嫁にしか着ることができない特別なお衣裳ですので、この機会にぜひお召しいただくことをおすすめいたします。
%e8%8d%89%e5%b1%a5

本日は「疋田道長花車文」のご紹介です。
美容家で有名な「IKKO」さんによるデザインの色打掛。
IKKOさんの感性により図柄や配色が考えられ、華やかな色打掛が作られました。

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e2%91%a0

四季折々の花々を満載した花車が、花嫁の幸せを表すかのような明るく華やいだ一枚です。
牡丹は富貴、菊は重陽、疋田であらわされた松は長寿、とおめでたづくしな吉祥文様の柄行は、道長取りという図案の取り方で場面が取られ、
様々な地色に金彩・・・と息をつかせない豪華さが魅力です。

ターコイズブルーの中にも深い緑や朱赤、紫など様々な色が取り入れられておりますので、掛下や5点セットなどの色合わせもバリエーション豊かにご提案できます。

粋な黒の掛下を合わせたコーディネート。

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e2%91%a1

色打掛の鮮やかな色を際立たせるように、あえて暗めの掛下を合わせコントラストを楽しんでいただけます。
大人な花嫁様にぜひお召しいただきたいコーディネートです。

かのこの若草色ががさわやかな印象を与える掛下を合わせたコーディネート。

ちらりと覗く帯揚には発色の良い紫色を使用し、きりっとしまった印象にも。
p>%e5%9d%82%e5%8f%a3%e3%81%95%e3%82%93

5点セットには銀刺繍が施されたものを合わせ、こちらも色打掛の色味を際立たせるようにコーディネートしました。

「色打掛」はご披露宴でのお色直しに選ばれることが多いですが、それには意味があります。
挙式後に「嫁ぎ先の色(家風)に染まった」ことを示し、吉祥文様で花嫁の旅立ち度両家の繁栄を願うとされてきました。
結婚式が多様化する現在でも、やはり昔からの伝統衣装である「色打掛」」は独特の魅力を持っています。
ぜひ一度店頭にてご体感くださいませ。

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

burandnewme

8/11(土)から8/26(日)まで、
「Brand New Me」と題して新作ドレスフェアを行います。

今年入荷した新作ドレスを一同に展示いたします。
ぜひこの機会にインポートのシルクドレスに触れてみてください。

きっと、あなただけの本物の美しさを発見できることと思います。

開催が間近に迫り、ご予約も立て込んでおりますのでご参加ご希望の方は事前に
ご予約下さいませ。

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

 

 

 

 

PAGE 1 of 41234
PAGE 1 of 41234

pagetoppagetop

pc_eventbnr