BlogBlog

2019.02.24

白無垢の魅力

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

大好評をいただいておりましたドレスの新作フェアも本日が最終日となりました。

 

フェア期間中、お客さまのご案内をさせていただきとても感じたことは

皆様新作のドレスはもちろんのこと

「和装も少し見ることはできますか?」とお声かけくださる方が多いということです。

 

「白無垢を着たい!」と強く思い焦がれ、和婚に決められる方も多いのではないでしょうか。

清楚で凛としたたたずまいは日本の女性の憧れですよね。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a0

 

白無垢とは、花嫁が着用する最も格式が高い婚礼衣装。

 

白無垢の「白」には、「純潔」「嫁いだ家の家風に染まる」という意味があり、

これから新しい家にお嫁に入る婚礼の衣装にふさわしいという、日本らしい理由があります。

神様に仕える人の衣裳が白だったことから、

邪気を払い、神聖な儀式に臨むときの衣裳とされ花嫁衣裳として用いられたとも言われています。

 

日本人である事の誇りを纏い、大好きな人の元へ嫁ぐ決意を表す。

肩にかかる白無垢の重みがこの国の歴史の重みの様にも感じられ、自然と背筋が伸びるような、身の引き締まる、そんな気持ちにさせてくれます。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a1

 

打掛の多くは白地に白の刺繍でお柄が描かれています。

施されている刺繍の種類は実に様々。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a2

 

鶴や鳳凰・松竹梅など、縁起の良いとされているお柄が一般的です。桜や牡丹など、華やかさの出るお柄も人気があります。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a3

 

頭から爪先まで真っ白なイメージのある白無垢ですが、

白以外のお色の糸で刺繍されている白無垢もございます。

特に金糸銀糸を用いたものは煌びやかで重厚な印象になります。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a4

 

その他にも、「赤こぶき」と呼ばれる、打掛の衿や裏地、そして裾に赤いラインが入っているものや、

「紅裏」といった、裏地に赤い生地を使用したもの等もあり、全体を華やかに引き締めてくれます。

 

古来より紅白はおめでたい配色とされ、赤は厄除けの意味を持っている縁起のいい色です。

アクセントとなる赤を筥迫などの小物と一緒に取り入れたり、紅裏の綿帽子を合わせる着こなしもおすすめです。

 

又、近頃では白無垢にお小物や掛下で色味をプラスして自分らしくコーディネートして頂く事も人気となっております。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a5

 

白無垢を着て行う結婚式といいますと、神前式、仏前式、人前式が挙げられますが、

「結婚式はウエディングドレスを着て行いたい!でも一度は白無垢も着てみたい!」

そんな場合は、お写真だけを残すフォトウエディングもおすすめです。

スタジオでの撮影だけではなく、景観のよい場所で撮影をするロケーションフォトなど、結婚式で着る白無垢姿とは一味違った趣を味わえます。

特に桜や紅葉のシーズンでのロケーションフォトは、より一層美しいお写真を撮影することができる為とても人気です。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a6

 

伝統的な日本の美を、自分らしく着こなしたい。

 

ブランドゥスティルアンでは、

そんな花嫁様達の夢を叶える白無垢や、白無垢を個性的に彩るお小物類も多数お取り扱いしております。

 

担当させて頂きますスタイリストが豊富な知識の中から花嫁様お一人お一人に合わせたコーディネートのご提案させて頂きます。

 

是非店頭にてご相談ください。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

春のシーズンになりますと、桜をバックに 

秋のシーズンになりますと、紅葉をバックに前撮りされる方が多くいらっしゃいます。

 

結婚式当日は、ドレスを着るので当日とは異なる衣装を着てみようという理由で

和装の前撮りするお客様も沢山いらっしゃいます。

今年も桜のシーズンには、多くのお客様が前撮りにて和装をご利用頂きました。

 

伝統的で格式が高い和装を人生一度きりの結婚式でお召しになってみてはいかがでしょうか。

普段着る機会が少ない分、新鮮に感じ、新しい自分を発見できます。

 

本日は皆さんに是非お召しになって頂きたい色打掛をご紹介致します。

 

1 

 

 

「市松肥後六花」

 

こちらの色打掛は、とても可愛らしいお花柄の色打掛に仕上がっております。

そして、なにより裏地のピンクがより可愛らしさを強調してくれます。

 

江戸時代から改良を重ねてきた熊本独自のお花である「肥後六花」

その形に独自の美しさがある花々は武士のたしなみとして栽培が始まり、

一部は今なお門外不出として現在に伝えられています。

椿、山茶花、菊、朝顔、芍薬、菖蒲…

その魅力あふれる花々を大ぶりの七宝の緞子地に優しい色使いの市松と共にあしらわれています。

 

2 

 

それぞれ異なる季節に盛り迎える花々が一枚に咲き誇る様は理想郷とされ、吉祥文様とされています。

織物ながら絵画のようにグラデーションを利かせた花の描写は美しく、まとう花嫁様を瑞々しく彩ります。

 

3

 

和装に対するイメージとして、ドレスのように小物で変化出来ないと思うお客様が沢山いらっしゃいます。

実は和装でも小物合わせができ、さらに小物の組み合わせによって様々なイメージを作ることが出来ます。

 

和装の小物は、4点ございます。

まず、一番印象ががらりと変わるのが、掛下です。

掛下は、色打掛の下にお召し頂くものです。

通常は白色の掛下ですが、掛下の色使いによって可愛らしくも上品にもイメージを変えられます。

また掛下を色や柄いりものに代えることで色打掛を華やかに引き立てることが出来ます。

 

4

 

次に五点セットです。

五点セットとは、懐剣・筥迫・末広・抱え帯・帯締めがセットになった小物セットです。

当店では、様々なお色目の五点セットをご用意しております。

 

 5-15-2

 

五点セットの色味を変えるだけでも、写真のように随分と印象を変えることが出来ます。

 

3点目は帯揚げです。

帯揚げは、色打掛の中心にあたる帯のところを締める小物です。 

色打掛全体のワンポンやアクセントになります。

 

半襟

半襟は、襟元のアクセントになります。 

半襟を合わせることによって、よりお顔周りが華やかになります。

 

6

 

和装もドレスと同様小物の組み合わせによって様々なコーディネートを楽しむことが出来ます。

小物に色や刺繍のあるものを合わせることによって、より華やかな印象になります。

 

日本の伝統文化である和装を是非結婚式でお召しになってみてはいかがでしょうか。

 

当店のスタイリストが、和装のコーディネートもしっかりとご提案させていただきますので、

ご来店の際にはぜひご相談くださいませ。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

2019/5/13(Mon)~2019/5/26(Sun)

和装試着フェア -伝統と格式が紡ぐ美しき和の装い-

結婚式の衣装に長年携わってきた ブランドゥスティルアン

新たな花嫁衣裳の魅力を伝えるべく 伝統・格式を重んじながらも

「あなたらしく」をテーマに運命の1着をご提案いたします

フェア成約特典:花嫁様に「和装の色合わせ」の楽しさ素敵さを知っていただきたい!
        そこで…
        スタイリストによるお客様だけのコーディネートをいたします!
        <和装小物セット(16200円相当)レンタルプレゼント♪>

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

本日もブランドゥスティアンのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

春や秋のシーズンはお日ごろもよく結婚式をされるお花嫁さんも多くいらっしゃいます。

心地よい気候の時期には特に和装を着られるのも人気で、

結婚式当日はもちろんのこと、前撮りなどでお写真だけで思い出を残される

ご新郎様新婦のお二人も多くいらっしゃいます。

 

1

 

結婚式の定番のイメージはドレスかと思いますが、

親御様世代ですと和装が結婚式の定番衣装でもありました。

 

そんな親御様や祖父母の方へ和装の姿をお披露目するのはとてもお喜び頂けるかと思います。

 

またご年齢の近いゲストの方へも和装は特別な時に着るイメージを持たれている方も多く

婚礼衣装となりますとより華やかなお作りになりますので

お二人の晴れ姿をより印象的にご覧いただけるのではないでしょうか。

 

 

さてブランドゥスティアンでは初めてドレスショップに足を運ばれるお客様を対象とした

≪和装コーディネートフェア≫を5/13(月)より行います!!

 

和装コーディネートとは?

 

と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

和装には、ドレスと違いアクセサリーなどはお付けしませんが

色合わせといいまして一番外側に見えるお衣裳の色打掛や白無垢に合わせて

その中に合わせている掛下というお着物の部分や

筥迫や懐剣というお小物のお色目から

襟もとにくる半襟、

またヘアパーツに至るまでのアイテムを

和装の場合トータルコーディネートをしております。

 

2

 

トータルコーディネートをされた色打掛をご紹介いたします。

『熨斗疋田花車文』

 

3

 

4

 

色掛下:椿

5点セット:紺青

帯揚げ:山吹

刺繍襟:白に花尽くし

 

 

和の美しさと愛らしさをひときわ印象付ける一着です。

 

5

 

疋田、牡丹、菊、桜などの輪のテイストを用い、赤地に華やかな配色であしらいました。

総絵羽の柄は地の疋田に至るまですべて400口錦の織物であしらわれ、

背中には熨斗が広がり、裾には華車とどの角度からみてもふんだんに柄があしらわれた

大変華やかな柄行の打掛です。

 

6

 

疋田という斑点のような柄は赤色の打掛をほのかにピンク色に見せ

優しくもインパクトのある姿へと魅せることができます。

 

その下に着ている掛下に椿の柄が描かれており

よりお顔近くをピンク色に色づける優しい着こなしと

 

7

 

5点セットの筥迫・懐剣が濃い紺色を使う事で

グッと締め色となり全体のコーディネートが素敵ですよね。

 

お衣裳に入れていくお小物のお色目によっては

格好よく、可愛く、古典的に、個性的に、など着こなしもドレス同様様々に可能です。

 

 

このようなコーディネートでのご試着が出来る5月の≪和装コーディネートフェア≫では

新規ご来店ご成約のお客様へ特典として色小物セットプレゼント(¥16,200相当)ご用意しております!!

 

大変お得に、素敵なコーディネートが叶うこちらのフェア試着。

是非、ご来店の程お待ちしております。

※ご来店ご予約の際は「フェア参加」とお申し付けくださいませ

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

2019/5/13(Mon)~2019/5/26(Sun)

和装試着フェア -伝統と格式が紡ぐ美しき和の装い-

結婚式の衣装に長年携わってきた ブランドゥスティルアン

新たな花嫁衣裳の魅力を伝えるべく 伝統・格式を重んじながらも

「あなたらしく」をテーマに運命の1着をご提案いたします

フェア成約特典:花嫁様に「和装の色合わせ」の楽しさ素敵さを知っていただきたい!
        そこで…
        スタイリストによるお客様だけのコーディネートをいたします!
        <和装小物セット(16200円相当)レンタルプレゼント♪>

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

いつもブランドゥスティアンのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

新年度がスタートしあっという間に1カ月が経ちました。

ブランドゥスティルアンでも4月から新しい仲間が増えました。

夢であったドレススタイリストへの第一歩を踏み出した彼女たちはとてもキラキラしています。

それは初めてドレスを身にまとった花嫁様と同じように・・。

ドレスはいつでも女性に幸福感や感動を与えてくれるものだと思っています。

初めて感じたこの気持ちを忘れず、

花嫁様と気持ちを共有できる素敵なスタイリストになってほしいと思っています。

そして自分も初心を忘れることなく、

常に花嫁様に寄り添えるスタイリストでいられるように頑張らなくてはと感じた4月のスタートでした。

 

そんな私から本日は素敵な色打掛をご紹介させていただきます‼

 

色打掛:花車青海桜鴛鴦文

 

1

 

穏やかな波を表す青海波文様に、花車・爛漫の桜・鴛鴦を描いた唐織の色打掛です。

和装に描かれている模様にはそれぞれ意味があることをご存知ですか?

柄の意味を知っているとよりその和装の魅力が伝わり、愛着が湧いてくると思います。

 

2

 

花車・・・花は幸せを表し、二人に幸せを運んでくる(訪れる)という意味が込められています。

     またこの花車に描かれているお花の一つに「牡丹」があり、

     牡丹は百花の王といわれ、幸福・富貴・高貴などを表します。

 

3

 

桜・・・日本を代表する花でもある「桜」 

    桜は春に咲くことから、夏や秋などにお式をされる花嫁様は「季節的に・・」と

    お声を頂く事がございます。

    ですが、桜は季節の始まりの「春」に咲くことから、新しい門出を意味する柄でも

    あります。お二人の新たな門出をお祝いする柄として、季節問わずお召し頂ける

    お柄です。

 

4

 

鴛鴦・・・仲のいい夫婦の象徴としても知られている鴛鴦。

     雄の「鴛」と雌の「鴦」がつがいとして「鴛鴦」といわれています。

     日本でも「おしどり夫婦」として夫婦仲のシンボルとして知られています。

     色打掛で描かれる鴛鴦はとてもカラフルで愛らしい姿が人気です。

 

この様に和装に描かれている柄は様々で、それぞれに意味を持ちます。

和装の勉強をしているととても奥が深く、和装を見るのがとても楽しくなります。

 

皆様もご自身が選んだ和装に描かれた柄に注目してみてください。

そこには素敵な思いや願いが込められているはずです!

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

2019/5/13(Mon)~2019/5/26(Sun)

和装試着フェア -伝統と格式が紡ぐ美しき和の装い-

結婚式の衣装に長年携わってきた ブランドゥスティルアン

新たな花嫁衣裳の魅力を伝えるべく 伝統・格式を重んじながらも

「あなたらしく」をテーマに運命の1着をご提案いたします

フェア成約特典:花嫁様に「和装の色合わせ」の楽しさ素敵さを知っていただきたい!
        そこで…
        スタイリストによるお客様だけのコーディネートをいたします!
        <和装小物セット(16200円相当)レンタルプレゼント♪>

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

 

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧いただき

誠にありがとうございます。

 

10連休という長いお休みを経てお仕事に戻られた皆様も

連休中もお仕事を頑張っていただいた皆様も

疲れが出始める今日この頃。

ぜひ自分への癒しタイムを忘れずにお過ごしくださいね!

 

さて、すでにご予約を多数いただいております「和装試着フェア」も

いよいよ13日からスタートです!

 

せっかくなので本日は一番人気のある華やかな色打掛をご紹介させていただきます。

 

お色打掛で一番人気のカラーはやはり赤です。

幅広い年代から人気があり、見た目の華やかさはもちろん、

昔から選ばれていることもあり

伝統的な日本の美を纏いたいと赤のお色打掛をご希望に挙げられる花嫁様が

当店でも多くいらっしゃいます。

 

picture57988

 

お色打掛の色にはそれぞれ意味がありますが、

その中でも赤は神聖な色であるため「魔除け」といった意味も込められています。

白無垢から赤のお色打掛にお色直しをすることで「生まれ変わり」を表現し、

「相手の家の色に染まり嫁ぐ」といった決意の現れを意味します。

 

 

本日ご紹介させて頂くのは、

伝統的な赤と金糸のコントラストが美しい、

こちらのお色打掛です。

 

「雲取椿」

 

picture57580

 

目の覚めるような赤地に金糸の刺繍で雲取り模様が描かれ

その上に咲き乱れる大輪の椿の花々が印象的なお色打掛です。

 

fullsizer

 

赤や白の椿の花はその全てが刺繍で描かれている為立体感があり、

贅沢に施された雲取り模様の金糸の刺繍は息を呑むほど煌びやかで、圧倒的な存在感を放ちます。

 

赤い椿の花言葉は

「控えめな素晴らしさ」「謙虚な美徳」

 

白い椿の花言葉は

「完全なる美しさ」「至上の愛らしさ」

 

img_9176

 

日本を代表するお花のひとつでもある椿の花は、冬の厳しい環境でも美しく咲く為、

椿の花が描かれたお色打掛には

 

「どんな状況におかれても強く美しく、凛とした花嫁様になるように」

 

といった願いが込められています。

 

picture57609

 

華やかさの中に日本人ならではの奥ゆかしさを秘めたお色打掛。

是非店頭にてお確かめください。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

フェアへのご参加、ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約くださいませ

2019/5/13(Mon)~2019/5/26(Sun)

和装試着フェア -伝統と格式が紡ぐ美しき和の装い-

結婚式の衣装に長年携わってきた ブランドゥスティルアン

新たな花嫁衣裳の魅力を伝えるべく 伝統・格式を重んじながらも

「あなたらしく」をテーマに運命の1着をご提案いたします

フェア成約特典:花嫁様に「和装の色合わせ」の楽しさ素敵さを知っていただきたい!
        そこで…
        スタイリストによるお客様だけのコーディネートをいたします!
        <和装小物セット(16200円相当)レンタルプレゼント♪>

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

PAGE 1 of 612345...最後 »
PAGE 1 of 612345...最後 »

pagetoppagetop

pc_eventbnr