BlogBlog

パーティーレポート<Yujiさん・Amiさん>

 

初めてお会いした時から笑顔が素敵で息のぴったり合った楽しいお二人でした。

 

具体的なドレスに対するイメージは全くないとおっしゃっていましたが、カウンセリングでお話を伺ううちに

よりボディラインがスッキリ見えるドレスがいいとの事でドレス探しがスタートしました。

 

お二人の挙式のスタイルのご希望はチャペルでのキリスト式でした。

image_0200_r

キリスト教式ですとお式の形式上、ゲストの皆様にはバックスタイルを見て頂くお時間も長くなってくるので

バックスタイルにもこだわってお選びいただくことをご提案させていただきました。

数点ご試着いただいた中でも、特に気に入って頂いてお選びいただいたドレスは、

前から見たお姿では洗練された上品な印象となりますがバックスタイルはトレーンに幾重にも重なったフリルが華やかでかわいらしいAラインのドレスでした。

イタリアのFIOというアトリエで1点1点心を込めて仕立てられたオールシルクのオートクチュールドレスです。

ビスチェは胸元がダブルフリルになっていますのでお胸全体を覆い隠してくれ、露出が苦手な方にもおすすめです。

image_0366_r

さらにこのフリルが多くの花嫁様が気にされるお胸の上の脇肉と呼ばれる部分もしっかりとカバーしてくれます。

ビスチェのデザインはレースの上に刺繍を施して作られるコードレースを使用しています。

立体感のあるレースが近くでご覧頂いても少し離れたところからご覧頂いても際立つので、見ている方を魅了します。

このコードレースはバックフリルの先にもあしらわれており、全体の統一感と華やかさをプラスします。

シルクオーガンジーを使用した軽やかなドレスで着ているご新婦様もとっても動きやすく、ゲストの皆様との距離も自然と縮まります。

image_0400_r

Yujiさんにはアイボリーと黒のバイカラーのタキシードをお選びいただき、コーディネートに反対色をいれることでお二人のシルエットにぐっとメリハリがでます。

さらにこちらのドレスは少し珍しいですがビスチェとスカートが分かれている「セパレート」タイプのドレスです。

ビスチェとスカートを分けて着る事ができるのでそれぞれのおサイズを緻密に調整することが可能で、よりきれいにシルエットをだすことができます。

image_0361_r

セパレートのドレスは他にも、ビスチェとスカートを分けて着る事でドレスを留められる箇所が二箇所になりますので腰痛がひどいかたや腰が弱いというかたにも安心です。

他にもご妊娠中の新婦様にはお腹への重量を軽減することができ、大きくなったお腹よりも上の位置でスカートを留めれば締め付けも回避できるので

お体への負担が少なくなるのでおすすめさせていただいております。

ご身長が低いかたやご妊娠中でヒールを履きたくないかたにもスカートの調整が可能なためご安心いただいているドレスです。

 

AmiさんはこちらのドレスにYujiさんのお母様からお渡しされたティアラを合わせてコーディネートされました。

image_0045_r

いつも笑顔いっぱいのお二人らしい色鮮やかなブーケは、会場内のコーディネートとリンクしていてとてもかわいらしいです。

 

Amiさんも披露宴入場の際にはヘアチェンジと共にヘッドアクセサリーもティアラからお花へとチェンジされました。

コーディネートを変えられることで同じドレスでも挙式の際とは全く違った雰囲気になります。

image_0333_r

お色直し後のお衣裳はもともとのお二人のご希望でもある和装をお選びいただきました。

image_0498_r

Amiさんは赤をイメージされていたとの事で他のお色も試していただきましたが

かねてからのご希望の赤いお打掛にご決定されました。

色打掛一面に広がるぼたんと鶴の繰り返しのお柄はどの角度からご覧頂いても均等な華やかさです。

Yujiさんも紋付へとお着替えされました。

image_0513_r

和装もとってもお似合いです。

こちらもヘアスタイルはガラッと変えられて和装によく合うまとめスタイルです。

image_0724_r

それぞれのお衣裳に合ったヘアスタイルやコーディネートで色んな雰囲気のお姿を見られて

ゲストのかたにもお楽しみいただけたと思います。

 

ブランドゥスティルアンではお衣裳選びからコーディネートまで幅広くご提案させて頂いております。

あなたも運命の一着を身に纏いお二人らしいコーディネートで特別な一日を過ごしませんか?

 

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

皆様こんにちは。

10月にお式をされましたお客様のご紹介をさせて頂きます。

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97_r

TAKAFUMI & YUKI

YUKIさんには運命の1着に出会うまで、何度も何度もブランドゥスティルアンに足を運んで頂きました。

YUKIさんがドレスを決めるにあたってのこだわりポイントは大きく2つ。

“人とかぶらないこと”

“身体のラインが綺麗に出ること”

お二人は今まで結婚式へのご列席の経験も多く、ご結婚されているゲストの方も多数いらっしゃった為、

皆を驚かすようなドレスやコーディネートをしていくことを強く希望されていらっしゃいました。

人と被らないような、マーメイドラインのドレスやロングスリーブのクラシカルなドレスもご検討いただきました。

ウェディングドレスがほぼ決まりかけていたころ、運命の新作ドレスが届きました。

YUKIさんの運命のドレスは当店を代表するブランドFIOの「コレッテ」

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%86_r

FIOの中でもひときわ目を引く、プリンセスラインの1着です。

透明感のあるチュールにきらきらと煌くグリッターをふんだんにあしらった「コレッテ」

「今までこんなウェディングドレス見たことない!」

そう言いながら、目を輝かせていたYUKIさんの顔は今でもはっきりと覚えています。

また当日までTAKAFUMIさんにはドレスを内緒にされておりました。

ファーストミートの瞬間!!!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%88_r

満面の笑みのYUKIさんに対し、少し恥ずかしそうなTAKAFUMIさん。

あまりの美しさに息をのんでしまったのでしょうか。

緊張の瞬間も一瞬。

お二人はやっぱり笑顔がお似合いです☆

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%862_r

TAKAFUMIさんにドレスを内緒にしていた分、いつもドレス選びはいつもご家族といらっしゃって頂いておりました。

当日はお母様のベールダウンンによって、花嫁支度が完成となりました。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3_r

お母様の表情からもお嫁に出す寂しさと同時に、たっぷりの愛情が伝わってきますね。

Party roomはハロウィンをイメージし、オレンジを基調としたカラフルなコーディネートで彩りました。

%e4%bc%9a%e5%a0%b41_r

%e4%bc%9a%e5%a0%b42_r

%e5%b8%ad%e6%9c%ad_r

松ぼっくりの席札はYUKIさんの手作りとお伺いしました。

秋らしくってとってもかわいいですね。

カラードレスはHARDY AMIS(ハーディエイミス)の「オルガ」

%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%82%ac_r

テーマでもあるハロウィンを意識して、オレンジをチョイスされました。

柄物の中でもはっきりとしたビビットカラーをあしらったオルガ。

ウェストラインのくびれが強調されるAラインによって、身体のラインもより美しく見えますね。

花嫁様というものは注目の的です。

どこから見てもドレス姿が美しくなるように、お直しもミリ単位で行っております。

その甲斐あってバックショットまで素敵です♡

%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af_r

TAKAFUMIさんも一緒にお色直しし、お二人揃ってガラッとイメージチェンジした姿は、

リゾート感あふれる会場のイメージにもぴったりです。

%e9%9d%92%e7%a9%ba%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_r

TAKAFUMIさん♡YUKIさん

いつも楽しく打合せさせて頂き、ありがとうございました。

YUKIさんはヘアメイクや会場のコーディネートまで相談して下さり、とても嬉しかったです。

お衣裳のみでなくトータルコーディネートでご提案させて頂く事ができ、スタイリストとしてのやりがいを強く感じることが出来ました。

いつまでもお二人らしい笑顔溢れる家庭を築いてください…☆

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

≪パーティーレポート 6/18 宝田・加藤様≫
先日お式を挙げられた素敵なお二人をご紹介させて頂きます。
お二人はリゾート感溢れる「ル・グラン・ミラージュ」で結婚式をされました。

いつもニコニコ優しい勇樹さん、美人でハキハキしている紗彩さん。
お二人とはいつも楽しくお打合せをさせて頂きました。

大切なお日にちにお召し頂いた運命の1着《 キプロ 》

1_R

華やかな顔立ちの紗彩さんにピッタリのウェデイングドレスです。
スカート部分はチュールやオーガンジーの異素材をMIXした、個性が光るデザインとなっております。
ウェデイングドレスでは珍しいプリーツ加工を施しておりますので、他の花嫁様とは一味違ったデザイン性の高いドレスをイメージされている方にオススメです。
胸元や腰元を中心にポイントであしらわれたビージングがより一層華やかさを添えてくれます。

当日はカサブランカのブーケと合わせてエレガントなコーディネートをして下さりました。

2_R

ウェディングドレス姿ではケーキ入刀、ファーストバイト、、、

3_R

4_R

ゲストの皆様の笑顔からも、当日の盛り上がりが伝わってきますね!

お色直しに選んで頂いたのはカラードレス《 シャロン 》

”夏っぽく派手に!”そしてゲストの皆様と驚かせたいというご希望が叶った1着です。
ブルーとイエローという補色を折り合わせた1着は、登場シーンでのインパクトも絶大です。
胸元と腰元から広がる大胆なフリルがウェストラインのくびれをより強調してくれます。

5_R

お色直しのご入場はお二人でガーデンから!

6_R

と思いきや勇樹さんお一人のご搭乗パーティー会場内にある階段を使ってのご入場。

7_R
階段を登って紗彩さんをお迎えに行くというサプライズ演出でした!

8_R

凛々しくリードしている勇樹さんもとても素敵です。

タキシードはおしゃれなお二人らしく、バイカラーのイタリアンタキシードをお召頂きました。
タキシードの襟とボタンが黒になっておりますので、真っ白のタキシードには抵抗があるご新郎様にもオススメの1着です。

前撮りでは当日着られなかった和装での撮影でした。
和装は”かっこよく”とご要望があり、黒の色打掛を選ばれました。
プロカメラマンによりお二人のみのロケーションで、当日は撮影できないような素敵なショットもたくさん撮影して頂けます。

9_R

前撮りで撮影された写真は当日もいたるとこに、、、

11_R 10_R

和装をされない方でも前撮りをして頂く事で、皆様にもお披露目できますよ!
和装はご年配のゲストの方もとっても喜ばれます。

結婚式はお二人にとっても大切な一日です。
それと同時にゲストの皆様にとっても特別でかけがえのない一日になったのではないでしょうか。
お二人の人柄が溢れる楽しいPartyになりとても嬉しく感じております。

素敵なお二人を担当させて頂けて幸せでした。
末長くお幸せに...★

 

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

お問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

【パーティレポート 6・4挙式】 

image_0200_R

ゲストの皆様とできるだけ同じ時間を過ごしたいとご希望されていたお二人。

お料理と会話を楽しみながらアットホームなお式にしたいとイメージされておりました。

ウェディングドレス一着を挙式・パーティのシーンに合わせてコーディネートをしていきたいというこだわりがありました。

意見をしっかり伝えてくださる新婦様想いのご新郎様。笑顔がとても素敵で上品な雰囲気をお持ちのご新婦様。

ドレス選びはいつもお二人揃ってご来店頂きました。

ウェディングドレスは、シンプルなデザインにサッシュベルトが印象的な【カーリントン】に決定されました。

image_0158_R

以前ブログでもご紹介させて頂いた、張り感のある生地でふわっと広がるAラインのドレスです。

ウェストラインのサッシュベルトがポイントになるデザインで

ウェストのくびれが主張されて全体的なシルエットがとても綺麗に見えるドレスです。

挙式の際には、「挙式らしくシンプルで王道なコーディネート」と

パールを身に着け、ヘアスタイルもすっきりとしたアップスタイルに。

パーティの際には、「明るく、カジュアルなコーディネート」と

華やかにビビットカラーのお花で印象を変えたり、花冠をつけたりと

挙式の際とは違い、会場内を明るくコーディネートされていました。

image_0181_R

また、ミュージカル好きのご新婦様のご希望でガーデンでの入場で、ダンスを取り入れた演出を行いたいとご希望がありました。

image_0226_R image_0221_R

お写真からとても賑やかな雰囲気が想像されます。

軽くて動きやすいドレスだからこそ、このようにお身体への負担もなくなり自然と笑顔もこぼれ楽しい時間を過ごすことができます。

同じドレスでもお小物のコーディネートで自分のなりたいイメージに変えることができます。

私共ブランドゥスティルアンのスタッフが、自信をもってご提案させて頂いておりますのでぜひご相談下さいませ。

アクセサリーやヘアードなど数多くご用意してお待ちしております。

image_0056_R

末永くお幸せに・・・♡

 

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

お問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

【パーティレポート 6・25挙式】 

最初にお衣裳選びにお越し頂いたのはご結婚式の約9か月前でした。
できることから時間をかけて進めていきたいとご結婚式にこだわりをもっていたご新婦様。
お二人のご結婚式のテーマは「夏」でした。

会場内_R

沢山のドレスの中からお選び頂いたのは上質なシルクオーガンジーを贅沢に使用したウエディングドレス。
重なり合う胸元のハートカットがデコルテをより美しく魅せてくれます。

WDスカラップ_R
裾はスカラップといい、細いワイヤーを入れることで波打つシルエットになります。
柔らかくて軽いシルクオーガンジーとスカラップの組み合わせは動くたびに優しく揺れ、夏らしい雰囲気をより引き出してくれます。

そんなウェディングドレスを選んだ最大のポイントは、そのウエストにあしらわれたシェル。

ふたりの結婚式のテーマ「夏」にピッタリだったのが決め手になったようです。

WD_R

ウエディングドレスはシンプルにと
すっきりとした華奢なパールにドロップ型のビジューが輝くネックレスをお選びいただきました。

ラーラ_R

ご新婦様はさらに真っ白なカスミソウの大きなクラッチブーケを合わせ清楚な印象に。

かすみそう_R

ご新郎様も白のタキシードでとても爽やかにコーディネート。

はるかぜさん

お色直しではカラードレスをお選びいただきました。
ウエディングドレスとは違う印象にしたいとご希望があったご新婦様。
グリーンの爽やかなドレスか、ご新婦様のお好きなピンクのドレスかとても悩まれていました。

会場様でのお打合せを進める中で、お式当日に1歳のお誕生日を迎えるお子様のお誕生日会をすることになりました。
お子様のお誕生日会はディズニープリンセスのラプンッツェルをモチーフに、お子様のドレスはピンクに。
それが決め手となって気になっていたピンクのドレスを、お子様とお揃いで着ることを決められました。

 チュールを何枚にも重ねてデザインされたボリュームのシルエットがとっても可愛らしい1着です。
腰から広がるシルエットがウエストラインのメリハリをより強調します。
胸元のリボンは光沢感のあるサテンの生地を使い、可愛らしさと上品さのあるデザインです。

2エミリー全身_R

ご新婦様はカラフルで大ぶりな花冠をコーディネートされ、とっても明るく華やかに仕上げられました。

花冠_R

ご新郎様も、ドレスに合わせてピンクのシャツでカラーコディネート。
ネクタイもアスコットタイから蝶ネクタイへと変えることで挙式とは違うカジュアルな印象になります。

お誕生日会_R

こだわられて手作りされたお子様のお誕生日会も、お揃いのピンクでより一層仲の良さが伝わります。

また、ご新婦様の手元には可愛らしいリストブーケが。

リストブーケ_R

パーティの後半にはお二人を祝福に、ご新郎様の町内から大勢の方たちがいらっしゃいました。
浜松まつりでは欠かせない練りの際の必須アイテムちょうちんもリストブーケなのでかさばらず
一緒に盛り上がれますね。

ちょうちん_R

ブランドゥスティルアンでは、お二人のテーマやイメージに合うお衣裳や、お似合いになるコーディネートのご提案をさせて頂いております。

是非私たちスタイリストに、ご相談くださいませ。

最後_R

末永くお幸せに・・・♡

 

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

お問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

pagetoppagetop

イベント情報

pc_eventbnr