BlogBlog

本日もブランドゥスティルアンのブログをご覧頂きありがとうございます。

 

img_1541_r

 

こちらのブログで何度かご紹介しているドレスへの想いやデザイナーのこだわり。

私共スティルアンでは、常にドレスのトレンドにアンテナを張り、こんなドレスをご提案したい…こんなドレスがあったら…という思いでドレスの仕入れをしております。

 

ドレスには、ファクトリー生産と呼ばれる大量生産されるドレスと、デザイナーにより一点一点ハンドメイドで作られるドレスがございます。

 

スティルアンには、後者のデザイナーによるアトリエメイドのドレスが並んでおります。

デザイナーごとそれぞれにドレスのデザインやシルエットなどに特徴があり、その違いも

実際に店頭でご覧いただくとよりお楽しみ頂けることと思います。

本日はブランドゥスティルアンの取扱いブランドの一部をご紹介いたします。

 

fio_emilia

 

当店で創業当時より取扱いをしております、イタリア・ミラノを代表する「FIO COUTURE」。

デザイナーであるフィオが創り出すドレスは、花嫁様の着心地まで考え抜かれた最高級シルクのドレス。

シルクオーガンジーとレースの組合せの美しさはFIOならでは。

花嫁様の幸せを表現したドレスは何年たってもあせることなく、常に多くの花嫁様から支持され続けています。

 

LAURELL_R

どこまでもロマンティックなデザインが花嫁様に人気であるニューヨークのブランド「MODDERN TOUROUSSOU」。

繊細な素材使いや、ビージング、女性らしさを強調してくれるシルエット。

素材の良さがなすドレスの軽さは花嫁様自身がより美しい身のこなしで結婚式をたのしめるようにと想いを込め、計算されています。

ですから、そのどれもが着ている花嫁様を笑顔にしてくれます。

 

 

soudeh-d_r

イタリアで元建築家のデザイナーとして知られる「ANTONIO RIVA」。

昨今では日本での人気もかなり高く、彼自身の名を冠とした同ブランドは、世界的にも有名です。

元建築家らしい立体的で動きのあるデザインに、上質なミカドシルクをふんだんに用いた最高級ドレス。

シンプルなのに周りを圧倒する、ANTONIO RIVAにしか創り出すことのできないドレスは必見です。

 

 

4

前シーズンより新しくスティルアンへ仲間入りしました「ERSA ATELIER」。

エルサのドレスは、なんといっても他ではみられない繊細で大胆なレースワークにビーズワーク。

全てがハンドメイドで仕立てられ、これまでにない特別感を味わうことのできるドレスです。

ひと目でわかる繊細さと高級感に誰もが魅了されます。

 

コンセプトや得意なデザインなどは異なっても、皆トップメゾンと呼ばれる世界で名の知れたドレスのデザイナー達。

ドレスへの想い、花嫁様を美しく、笑顔でお過ごしいただきたいとう想いは、どのデザイナーも共通して持っているものです。

 

 

それは、私達スタイリストと同じ想い。

 

私達が思い描くドレスを、サイズの調整、レースの幅の調整、ときにはデザインを変えて

作り上げてくださるデザイナー達。

 

一言「インポート」といっても、様々なインポートドレスがございます。

スティルアンでご覧頂けるドレスはアトリエでクチュリエ達によって作られる本物のドレス。

 

一着一着にデザイナーがわが子の様に名前をつけ、世界中の花嫁様のもとへと届けられるドレス達。

デザイナーの想いを日本の花嫁様へと繋げていくのもスタイリストの務めだと思っています。

 

大切に作られたドレスが花嫁様をより美しく輝かせるよう、ブランドゥスティルアンでお手伝いさせて頂いております。

ドレスをまだこれからご覧になる方も、そうでない方もぜひブランドゥスティルアンのシルクドレスをご体感くださいませ。

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わせフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ

ブログをご閲覧頂きありがとうございます。

今回は普段とは少し視点の違う内容となっています。

皆様にブランドゥスティルアンのドレスの魅力をお伝えできれば幸いです。

 

まず浜松にはたくさんの貸衣装店が存在しています。

それぞれのお店に特徴があり、

ホテルウェディングに映える豪華なドレスをたくさん取り扱っているショップ様

芸能人がデザインしたドレスを扱っているショップ様・・・ など様々ですが、

その中でも私たちブランドゥスティルアンでは

「シルクのオールハンドメイドによるインポートドレス」をメインに取扱っています。

 

通常日本の結婚式で使用されるドレスというのはレンタルが基本です。

1着のドレスを20回も30回も貸し出すことで衣裳店は利益を生み出すわけです。

そうするとそのドレスは大量の貸し出しに耐えられるように頑丈に作らなければなりませんし、沢山のお客様に「カワイイ」と言って借りていただけるように万人受けするデザインのものが多くなります。

そういったものは化学繊維(ポリエステル)で作られることが多く、動くのも大変な程重たいドレスができあがります。

 

でも、海外の結婚式ではドレスはレンタルではなく購入するものだそうです。

レンタルのシステムがなく、またお色直しの文化もないので、

自分で好きなデザイナーのところに行って、

好きなデザインで、好きな素材で、自分のサイズでフルオーダーして

ウェディングドレスを1着用意し、それをパーティの間中ずっと着るのです。

 

1日中着るにはやはり着心地のいい素材でドレスは作られます。それがシルクですね。

そして、オーダーということは万人受けするものではなく、自分自身にしか似合わないドレスを作ることができるということでもあります。

 

 

私たちブランドゥスティルアンではそういった

「本来であればオーダーしないと着ることが叶わないドレス」を

レンタルという形で日本の花嫁に届けたいという思いから、シルクのドレスをメインに取扱いをしています。

シルクの魅力としては・・・

・天然の素材のため、自然光の下で美しく輝き、肌を綺麗に見せてくれる。

・体温で伸び縮みをするので体にフィットして着心地が良く、なおかつ軽い。

・シルクといっても織り方で素材の雰囲気は変わるのでオーガンジー・シフォン・ミカドなど様々なデザインのドレスを作ることが可能。

・高品質なシルクのみを使用することで、近くからドレスを見られても決して恥ずかしくないシンプルなデザインも可能である。

yanagimoto

 

ただ、シルクというのは風合いが一番大切ですから、綺麗な状態でお客様にご提供するには貸し出し回数を制限させていただいております。

何度もお貸出しして、何度もクリーニングをするわけにはいかないのです。

一般の貸し出し回数の1/5~1/4程度に抑え、メンテナンスやクリーニングを丁寧に行うよう心掛けております。

 

ここまで、「シルクがいいですよ!シルクがお勧めです!」とはお伝えしましたが、

やはり皆様気にされるのは金額です。

「シルク・フルオーダー・インポート」と聞くと必然的に「金額が高いんじゃ?」

と思われがちですが、

スティルアンでは18万から45万円までの価格幅で店頭にご用意しておりますので、

他店様とほぼ変わらない金額でご提供することができます。

同じ金額を衣裳に支払うなら、やはり見比べて頂いて

「スティルアンのドレスの方がいいよね」と言って頂ける自信があります!

 

また、ドレスの魅力だけではなく、スティルアンではスタイリストも売りの一つであります。最初の新規のご案内から挙式前日に衣装をお届するまで、一人の専属スタイリストが担当させていただき、細かいご要望にお応えしております。

挙式までの準備期間が長い方ですと1年以上のお付き合いになることもありますが、

親身になってお手伝いをさせて頂く事で、その方に一番似合うドレスをご提供することができると思っております。

 

トレンドや年齢に合わせたドレスのご提案、新郎様の衣裳とのバランス、小物のコーディネートまで、専門知識を備えたスタイリストがしっかりと担当いたしますのでご安心してご来店ください。

 

 

 

 

いつもブランドゥスティルアンのブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

2017年も4月に入り、浜松も桜が見ごろの季節となりました。

さてこの度ブランドゥスティルアンにて、新ブランドのドレスの取り扱いを始めました。

現在ブライダル雑誌やSNS等でも注目されている「ANTONIO RIVA」です。

sissi-d_r

一度は聞いた事や、お写真等で目にしたことのある花嫁様も多いのではないのでしょうか?

イタリア・ミラノで注目を集め続ける人気のドレスブランドで、

伝統的な仕立てに新しい技術とセンスを取り入れられるドレスは、シンプルかつ立体的なシルエットが最大の特徴です。

soudeh-d_r

造形的でモダンなラインは、一目で「ANTONIO RIVA」と分かるほど、独像的でオリジナリティに溢れております。

そんなミカドシルクの美しさを最大限に表現した「ANTONIO RIVA」のドレスをご体感できるフェアを開催致します。

《開催日》

4月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)

週末限定のフェアとなりますので、是非お早めにご予約下さいませ。

静岡県ではブランドゥスティルアンでしか着ることが叶わない「ANTONIO RIVA」のドレス。

是非この機会に「ANTONIO RIVA」の魅力をご堪能下さいませ。

sissi_r

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

 

パーティーレポート<Yujiさん・Amiさん>

 

初めてお会いした時から笑顔が素敵で息のぴったり合った楽しいお二人でした。

 

具体的なドレスに対するイメージは全くないとおっしゃっていましたが、カウンセリングでお話を伺ううちに

よりボディラインがスッキリ見えるドレスがいいとの事でドレス探しがスタートしました。

 

お二人の挙式のスタイルのご希望はチャペルでのキリスト式でした。

image_0200_r

キリスト教式ですとお式の形式上、ゲストの皆様にはバックスタイルを見て頂くお時間も長くなってくるので

バックスタイルにもこだわってお選びいただくことをご提案させていただきました。

数点ご試着いただいた中でも、特に気に入って頂いてお選びいただいたドレスは、

前から見たお姿では洗練された上品な印象となりますがバックスタイルはトレーンに幾重にも重なったフリルが華やかでかわいらしいAラインのドレスでした。

イタリアのFIOというアトリエで1点1点心を込めて仕立てられたオールシルクのオートクチュールドレスです。

ビスチェは胸元がダブルフリルになっていますのでお胸全体を覆い隠してくれ、露出が苦手な方にもおすすめです。

image_0366_r

さらにこのフリルが多くの花嫁様が気にされるお胸の上の脇肉と呼ばれる部分もしっかりとカバーしてくれます。

ビスチェのデザインはレースの上に刺繍を施して作られるコードレースを使用しています。

立体感のあるレースが近くでご覧頂いても少し離れたところからご覧頂いても際立つので、見ている方を魅了します。

このコードレースはバックフリルの先にもあしらわれており、全体の統一感と華やかさをプラスします。

シルクオーガンジーを使用した軽やかなドレスで着ているご新婦様もとっても動きやすく、ゲストの皆様との距離も自然と縮まります。

image_0400_r

Yujiさんにはアイボリーと黒のバイカラーのタキシードをお選びいただき、コーディネートに反対色をいれることでお二人のシルエットにぐっとメリハリがでます。

さらにこちらのドレスは少し珍しいですがビスチェとスカートが分かれている「セパレート」タイプのドレスです。

ビスチェとスカートを分けて着る事ができるのでそれぞれのおサイズを緻密に調整することが可能で、よりきれいにシルエットをだすことができます。

image_0361_r

セパレートのドレスは他にも、ビスチェとスカートを分けて着る事でドレスを留められる箇所が二箇所になりますので腰痛がひどいかたや腰が弱いというかたにも安心です。

他にもご妊娠中の新婦様にはお腹への重量を軽減することができ、大きくなったお腹よりも上の位置でスカートを留めれば締め付けも回避できるので

お体への負担が少なくなるのでおすすめさせていただいております。

ご身長が低いかたやご妊娠中でヒールを履きたくないかたにもスカートの調整が可能なためご安心いただいているドレスです。

 

AmiさんはこちらのドレスにYujiさんのお母様からお渡しされたティアラを合わせてコーディネートされました。

image_0045_r

いつも笑顔いっぱいのお二人らしい色鮮やかなブーケは、会場内のコーディネートとリンクしていてとてもかわいらしいです。

 

Amiさんも披露宴入場の際にはヘアチェンジと共にヘッドアクセサリーもティアラからお花へとチェンジされました。

コーディネートを変えられることで同じドレスでも挙式の際とは全く違った雰囲気になります。

image_0333_r

お色直し後のお衣裳はもともとのお二人のご希望でもある和装をお選びいただきました。

image_0498_r

Amiさんは赤をイメージされていたとの事で他のお色も試していただきましたが

かねてからのご希望の赤いお打掛にご決定されました。

色打掛一面に広がるぼたんと鶴の繰り返しのお柄はどの角度からご覧頂いても均等な華やかさです。

Yujiさんも紋付へとお着替えされました。

image_0513_r

和装もとってもお似合いです。

こちらもヘアスタイルはガラッと変えられて和装によく合うまとめスタイルです。

image_0724_r

それぞれのお衣裳に合ったヘアスタイルやコーディネートで色んな雰囲気のお姿を見られて

ゲストのかたにもお楽しみいただけたと思います。

 

ブランドゥスティルアンではお衣裳選びからコーディネートまで幅広くご提案させて頂いております。

あなたも運命の一着を身に纏いお二人らしいコーディネートで特別な一日を過ごしませんか?

 

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

 

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ブランドゥスティルアンでは、今年の冬も当店のスタイリスト達が買い付けた選りすぐりの新作ドレスが続々入荷して参りました。

本日は新しく仲間に加わりました新作ドレス達の中から、可愛らしいデザインがお好きな花嫁様にお勧めのこちらの一着をご紹介させて頂きます。

《アダ・ADA》  デザイナー:MODERN TROUSSEAU (モダントゥルーソー)

ada_r

ロマンティックで可愛らしい総レースのドレス

純白に限りなく近い透明感のある白は、ピュアで明るい少女のような可憐さを思わせます。

ada-up_r

ハートカットと胸元のギャザリングが胸元のラインを立体的に美しく見せてくれます。

ada-%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9_r

裾には流れるような繊細なデザインのリバーレースが贅沢に使用されています。

実はこちらのドレス、全体に使用されている生地は総レースのドレスによく用いられるチュールレースではなく、

チュール生地にレースのお柄が描かれているんです。

レースをプリントにすることで生地をふんだんに使用することが可能になり、とても軽い生地なので新婦様が動くたび軽やかに揺れ、

ふんわりとしたロマンティックなシルエットが叶います。

ada-%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5_r

ウェストのサッシュベルトには可愛らしいお花のレースがあしらわれています。

細やかにカッティングされたレースのお花のモチーフの上に更にレースやチュールを重ね、立体感を出しています。

その上からビジューのビーディングが施され、自然光を受けてキラキラと透明感のある輝きを放ちます。

良質なレースやデリケートなビーズワークを愛すMODERN TROUSSEAU(モダントゥルーソー)のデザイナー、キャリーらしい繊細なデザインワークですね。

ada-back_r

キュッと結ばれたサッシュベルトのサテンリボンでバックスタイルもロマンティックに。

床にまあるく広がる裾にあしらわれたレースの透け感が美しく、後ろ姿も見る人を惹きつけます。

是非ブランドゥスティルアンにて、この可愛らしさをご体感下さい。

*・*・*・*・*・*・*・:*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ご試着のご予約は、直接店頭へのお電話(TEL053‐452‐3334)もしくは

24時間受付可能なお問い合わフォーム(http://www.styleun.com/contact)よりご予約下さいませ。

PAGE 1 of 1612345...10...最後 »
PAGE 1 of 1612345...10...最後 »

pagetoppagetop

イベント情報

pc_eventbnr